問題金融機関リスト(米FDIC集計)08年末で252行に増加

2月 27, 2009 · Posted in 全てのニュース, 産業と企業, 経済ニュース · 問題金融機関リスト(米FDIC集計)08年末で252行に増加 はコメントを受け付けていません。 

米連邦預金保険公社(FDIC)は2月26日、資本や収益状況から経営に問題があると判断した金融機関が2008年9月末時点の171行から2008年12月末時点で252行に増加したと発表。
集計は預金保険を適用する約8300の商業銀行と貯蓄金融機関(S&L)が対象で、「問題行リスト」に挙がった金融機関の総資産は1594億ドルとなった。

ニュースリリース-米連邦預金保険公社(FDIC)
http://www.fdic.gov/news/news/press/2009/pr09027.html

以下抜粋(米FDICより)

For all of 2008, insured institutions earned $16.1 billion, a decline of 83.9 percent from 2007 and the lowest annual total since 1990. Twelve FDIC-insured institutions failed during the fourth quarter and one banking organization received assistance. During the year, a total of 25 insured institutions failed. The FDIC’s “Problem List” grew during the quarter from 171 to 252 institutions, the largest number since the middle of 1995. Total assets of problem institutions increased from $115.6 billion to $159 billion.

双日、日商エレクトロニクスをTOBで子会社化

2月 27, 2009 · Posted in TOBニュース, 全てのニュース, 株価材料 · 双日、日商エレクトロニクスをTOBで子会社化 はコメントを受け付けていません。 

双日〈2768〉は子会社である日商エレクトロニクス〈9865〉に対し、TOB(株式公開買い付け)にて出資比率を高めると発表した。TOB価格は1株当たり1000円(27日終値は516円)。買付け期間は3月2日から4月13日。買い付け株数の上限を設けていないことからストップ高を連続してサヤ寄せする展開になりそうだ。

公開買付けの開始に関するお知らせ-[PDFファイル] ニュースリリース-双日

SFCGが民事再生法を申請、負債総額3380億円

2月 26, 2009 · Posted in 企業の倒産等, 全てのニュース, 株価材料, 産業と企業 · SFCGが民事再生法を申請、負債総額3380億円 はコメントを受け付けていません。 

東証1部上場の商工ローン大手のSFCGが23日東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は3380億円で今年に入って最大の倒産になる。

東証はSFCG株を24日から整理銘柄に指定し、3月24日付けで上場廃止にすると発表した。

民事再生手続開始決定のお知らせ

㈱SFCG

SFCG〈8597〉のチャート(ヤフーファイナンス)

UBS証券がカプコンCB(転換社債)で3兆円の誤発注

2月 26, 2009 · Posted in エクイティファイナンス情報, 全てのニュース, 株価材料, 為替・債券ニュース · UBS証券がカプコンCB(転換社債)で3兆円の誤発注 はコメントを受け付けていません。 

東証は25日、UBS証券がゲームソフトメーカーのカプコンの新株予約権付社債(転換社債CB)で誤って巨額の売買が成立したため、売買を一時停止したと発表した。

金融機関同士が売買する立会外取引(ToSTNet)での売買でカプコンCB発行残高(150億円程度)の200倍にあたる3兆円の取引が成立してしまった。

UBS証券は3千万円の注文を誤って3兆円の注文と処理してしまったとのこと。注文は巨額であったが、売り買い共にUBS証券のクロス取引であったため、CB市場への影響は無かったという。

カプコンのチャート(ヤフーファイナンス)

売買の取消し承認申請書の受理 -カプコン第5回CB(東証)

ローソンがam/pmを買収

2月 26, 2009 · Posted in M&Aニュース, TOBニュース, 全てのニュース, 株価材料 · ローソンがam/pmを買収 はコメントを受け付けていません。 

コンビニエンスストア国内2位のローソンが、国内7位のam/pmを買収すると発表。

am/pmの親会社であるレックスHD〈非上場〉から全株を買い取ることで完全子会社化する。買収金額は145億円。am/pmは100億円以上の債務超過に陥っていたが、既存株主から1円で買い取ることと、有利子負債200億円のうち、150億円程度を引き継ぐ見通し。

株式会社エーエム・ピーエム・ジャパンの子会社化 に関する基本合意書締結に関するお知らせ

http://www.lawson.co.jp/company/news/1588.html

ローソンの株価(ヤフーファイナンス)

コンビニエンスストアの店舗数

セブンイレブン 1万2100店 (シェア27%)
ローソン+ampm 1万600店(シェア23%)
ファミリーマート 7300店(シェア16%)

野村HD、3000億円の新株公募増資で希薄化懸念

野村ホールディングス〈3231〉は2月23日、3月に公募による新株発行を決議したと発表しました。

発行数は最大で7億5千万株(うちオーバーアロットメントによる売り出しは3360万株)で3000億円を調達し、財務基盤の強化をする。

発行済み株式数は(09年1月31日時点で1,965,919,860株)28%も増加するため、既存株主の利益の希薄化が懸念され、24日の野村株は売られました。

ニュースリリース

http://www.nomuraholdings.com/jp/news/nr/holdings/20090223/20090223.pdf

FRB経済見通しを発表、成長率はマイナス1.3%までのレンジ

2月 23, 2009 · Posted in 全てのニュース, 為替・債券ニュース, 経済ニュース · FRB経済見通しを発表、成長率はマイナス1.3%までのレンジ はコメントを受け付けていません。 

米連邦準備理事会(FRB)は2月18日に米経済見通しを発表した。実質成長率の見通しをマイナス1.3%~マイナス0.5%レンジに大幅に下方修正。また、失業率の見通しを8.5%~8.8%まで上昇すると予測した。

連邦公開市場委員会(FOMC)議事録
Minutes of Federal Open Market Committee,[PDFファイル]

国内パソコン出荷台数は4.7%増、メーカーではNECがトップ

2月 23, 2009 · Posted in 全てのニュース, 商品ニュース, 経済ニュース · 国内パソコン出荷台数は4.7%増、メーカーではNECがトップ はコメントを受け付けていません。 

調査会社のIDCジャパンが2月19日に発表した2008年10―12月期の国内パソコン出荷台数は346万台で前年同期比3.7%の増加であった。

メーカー別シェアではNECが19.3%で4.2%の成長率。富士通は13.6%の減少であった。

1位 NEC
2位 富士通
3位 DEL
4位 東芝
5位 ヒューレットパッカード

S&Pが米主要500社の09年の配当予想をリリース

2月 21, 2009 · Posted in 全てのニュース, 株主優待・配当ニュース, 海外株ニュース · S&Pが米主要500社の09年の配当予想をリリース はコメントを受け付けていません。 

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が主要企業500社の配当予想を発表しました。09年の配当総額は2146億ドル(約20兆円)弱と前年より13.3%減少する見通し。減少幅は第二次世界大戦中の1942年依頼(16.9%減)の大幅な落ち込みになる。

http://www2.standardandpoors.com/spf/pdf/index/020609_DividendRateChange.pdf[PDFファイル]

以下S&P リリースより抜粋

S&P 500 Dividends Projected to Decline 13.3% in 2009;Worst Annual Decline Since World War II
New York, February 6, 2009 ? Standard & Poor’s Index Services announced today that it expects 2009 S&P 500 dividends to decline 13.3%, the worst annual decline since 1942 when dividends fell 16.9%. The $24.60 dividend rate translates into an expected $214.66 billion in payments for S&P 500 companies in 2009 versus the $28.39, or $247.9 billion, paid in 2008.
“Given the current economic climate and growing concern over dividend cuts, dividend increases for the S&P 500 companies are expected to slow in 2009,” says Howard Silverblatt, Senior Index Analyst at Standard & Poor’s. “Unless companies believe that their financial future will improve, their need to conserve cash will outweigh their desire to pay dividends.”
Standard & Poor’s Index Services also announced today that it is decreasing the indicated dividend rate on the S&P 500 from $27.35 to $24.90.
“Due to recent events, including potential congressional action that might limit dividend payments, we are reducing the indicated dividend rate on the S&P 500,” continues Silverblatt. “Standard & Poor’s expects the indicated rate to decline further during the year as the full economic impact is felt by companies, and then move upward as corporate confidence leads to higher future commitments.”
Standard & Poor’s Index Services data shows that sixty-two S&P 500 companies decreased their dividends in 2008 by an aggregate $40.6 billion with forty-eight of the decreases coming from Financials ($37 billion). Over the previous five years (2003-2007), there were only 12 dividend decreases in the Financials sector amounting to $5.1 billion.
So far in 2009, fourteen issues (nine of which are Financials) have decreased their dividend rate by over $13.5 billion. “Actual January dividend payments for the S&P 500 were down 23.9%, which speaks to the Q4 decreases, the $13.5 billion cuts year-to-date speaks to future payments”, warns Silverblatt.
While dividend decreases and warnings are now prevalent in sectors, Financials remain the primary (but not only) concern. At the end of 2007, 96.7% of the Financials paid cash dividends, accounting for 29.1% of the dividend payments. Currently 84.5% pay, accounting for 15.0% of the dividends.
“The bottom line is that investors need to do a lot more homework than in years past as the prospect for future dividends remains extremely cautious,” continues Silverblatt. “On former President Ronald Reagan’s 98th birthday, his words still ring true today, Trust but Verify.”

    S&P 500             CASH       CHANGE     DIVIDENDS
    YEAR              DIVIDENDS               12 MONTHS
    END               PER SHARE                BILLIONS

    2009 ESTIMATE       $24.60    -13.34%      $214.66
    2008                $28.39      2.37%      $247.89
    2007                $27.73     11.45%      $246.58
    2006                $24.88     11.98%      $224.76
    2005                $22.22     14.30%      $201.84
    2004                $19.44     11.82%      $181.02
    2003                $17.39      8.14%      $160.65
    2002                $16.08      2.14%      $147.81
    2001                $15.74     -3.26%      $142.22
    2000                $16.27     -2.52%      $141.08
    1999                $16.69      3.02%      $137.53
    1998                $16.20      4.58%      $128.84
    1997                $15.49      3.96%      $119.52
    1996                $14.90      8.05%      $112.62
    1995                $13.79      1.55%      $101.70

    S&P 500 TOP 25 DIVIDEND PAYERS

    COMPANY                 ANNUAL  SECTOR                     % OF     CUM %
                           DIV RATE                            DIVS   OF DIVS
    Genl Electric           $13,024 Industrials                6.01%    6.01%
    AT&T Inc                 $9,665 Telecommunication Services 4.46%   10.46%
    Exxon Mobil              $8,139 Energy                     3.75%   14.22%
    Wells Fargo              $5,739 Financials                 2.65%   16.87%
    JPMorgan Chase & Co      $5,673 Financials                 2.62%   19.48%
    Chevron Corp             $5,283 Energy                     2.44%   21.92%
    Verizon Communications   $5,226 Telecommunication Services 2.41%   24.33%
    Johnson & Johnson        $5,105 Health Care                2.35%   26.68%
    Procter & Gamble         $4,777 Consumer Staples           2.20%   28.89%
    Philip Morris Intl       $4,370 Consumer Staples           2.02%   30.90%
    Pfizer, Inc              $4,315 Health Care                1.99%   32.89%
    Microsoft Corp           $3,978 Information Technology     1.83%   34.73%
    Merck & Co               $3,214 Health Care                1.48%   36.21%
    Intel Corp               $3,115 Information Technology     1.44%   37.65%
    Coca-Cola Co             $3,024 Consumer Staples           1.39%   39.04%
    U.S. Bancorp             $2,983 Financials                 1.38%   40.42%
    ConocoPhillips           $2,803 Energy                     1.29%   41.71%
    Intl Bus. Machines       $2,687 Information Technology     1.24%   42.95%
    PepsiCo Inc              $2,640 Consumer Staples           1.22%   44.17%
    Altria Group             $2,637 Consumer Staples           1.22%   45.38%
    Bristol-Myers Squibb     $2,455 Health Care                1.13%   46.52%
    Abbott Laboratories      $2,234 Health Care                1.03%   47.55%
    McDonald's Corp          $2,229 Consumer Discretionary     1.03%   48.57%
    Wal-Mart Stores          $2,124 Consumer Staples           0.98%   49.55%
    Lilly (Eli)              $1,961 Health Care                0.90%   50.46%
 STANDARD & POOR'S INDEX SERVICES
    S&P 500 SECTOR DIVIDEND CHANGES

                       TOTAL 2008      2008     2008      2008        2008
                          ACTIONS INCREASES  INITIAL DECREASES SUSPENSIONS
    Consumer
     Discretionary             40        29        2         5           4
    Consumer Staples           35        33        0         1           1
    Energy                     20        20        0         0           0
    Financials                 87        39        0        33          15
    Health Care                13        13        0         0           0
    Industrials                40        40        0         0           0
    Information
     Technology                18        18        0         0           0
    Materials                  20        16        2         1           1
    Telecommunication
     Services                   6         5        0         0           1
    Utilities                  24        23        1         0           0
    Total                     303       236        5        40          22

    Unique issues*            262       219        5        32          22

    *Includes 9 issues that both increased and decreased in 2008

    2008 Dividend
     Rate Change
     $Mil                -$21,506   $18,160     $943  -$31,867     -$8,742
    2008 Financial
     Div Rate Chg
     $Mil                -$34,516    $2,462 -$31,202  -$31,202     -$5,777

    2009 YTD ISSUES            35        21        0        12           2
    2009 YTD Div
     Rate Chg $Mil       -$13,125      $329       $0  -$12,956       -$498

あおみ建設が更生法申請、負債396億円

2月 20, 2009 · Posted in 企業の倒産等, 全てのニュース, 株式ニュース, 産業と企業 · あおみ建設が更生法申請、負債396億円 はコメントを受け付けていません。 

海洋土木のあおみ建設〈1889〉は2月19日、東京地裁に会社更生法申請したと発表した。負債総額は396億円。
東証は同日、3月20日付けで上場廃止にすると発表した。

FRB四半期調査、1月銀行調査は「資金需要は弱い」

2月 20, 2009 · Posted in 全てのニュース, 産業と企業, 経済ニュース · FRB四半期調査、1月銀行調査は「資金需要は弱い」 はコメントを受け付けていません。 

米連邦準備理事会(FRB)が四半期に一度、融資担当者に聞き取り調査を行う1月の銀行調査は、「資金需要が弱い」とした回答は大・中企業向けで70%、小企業向けで65%となった。

09年1月の交易条件指数は大幅に改善

2月 19, 2009 · Posted in 全てのニュース, 経済ニュース · 09年1月の交易条件指数は大幅に改善 はコメントを受け付けていません。 

日銀が16日に発表した製造業部門別投入・産出物価指数によると製造業の交易条件指数は89.0となり前年同月比3.1ポイントの改善が見られた。

交易条件指数は製造業の仕入れ価格(投入価格)に対する販売価格(産出価格)の割合を示す指数で、製造業の収益環境の指標となる。

原油価格下落や円高で仕入れ価格が下がったので大幅に改善したと思われる。
製造業部門別投入・産出物価指数(日本銀行)PDF

09年1月の米住宅着工件数は前月比16.8%減少

2月 19, 2009 · Posted in REITニュース, 不動産とその他資産, 全てのニュース, 経済ニュース · 09年1月の米住宅着工件数は前月比16.8%減少 はコメントを受け付けていません。 

米商務省が2月18日に発表した1月の住宅着工件数は季節調整済みの年率で46万6千戸(前月比16.8%減)となった。
先行指標とされる許可件数も前月比で4.8%減の52万1千戸。

今後も米国の不動産指標の底打ち時期が注目される。

米住宅着工/許可件数(米商務省)

1月の米住宅着工件数
Table 3. New Privately-Owned Housing Units Started[PDF]
1月の許可件数
Table 1. New Privately-Owned Housing Units Authorized[PDF]

日本ブランド価値ランキング“Japan’s Best Global Brands 2009”を発表

2月 19, 2009 · Posted in 全てのニュース, 株式ニュース, 産業と企業, 経済ニュース · 日本ブランド価値ランキング“Japan’s Best Global Brands 2009”を発表 はコメントを受け付けていません。 

国際的なブランドコンサルティング会社であるインターブランドが2009年度日本企業のブランド価値ランキングTOP30「Japan’s Best Global Brands 2009」を発表しました。
米インターブランドは米ビジネスウィーク誌と共同で世界の企業ブランド価値ランキングを発表しているが、今回は日本企業に絞ったランキングを作成しました。
一位はトヨタ自動車の「トヨタ」で「ホンダ」「ソニー」と続き、自動車・エレクトロニクス関連企業のブランド名が占めています。

プレリリース(インターブランド)

Japan’s Best Global Brands 2009(PDFファイル)

090221ja-burando

不動産REITの産業ファンド投資法人は劣後債を発行。

2月 18, 2009 · Posted in REITニュース, エクイティファイナンス情報, 不動産とその他資産, 全てのニュース · 不動産REITの産業ファンド投資法人は劣後債を発行。 はコメントを受け付けていません。 

不動産投資信託(REIT)を運営する産業ファンド投資法人は自己資本に近い性格を持つ劣後債を80億円発行すると発表。引受先は三菱商事の予定で、REITの劣後債発行は始めて。

第1回無担保投資法人債(劣後特約付及び適格機関投資家限定)の発行に関するお知らせ

劣後債は一般の社債よりも債務返済の順位が劣る社債のこといい、債務の順位としては、(債務)担保付き債券→債券→劣後債→永久劣後債→優先株→普通株(資本)となり、劣後債はより資本に近い位置付けとなる。

金融機関は今回の劣後債を有利子負債と見なさない見通しで、財務体質の改善につながるとされます。

REITは事業会社と違って優先株や転換社債(CB)を発行できず、資本調達が公募増資などに限られていたが、相場の下落局面においては1株当りの希薄化につながるため発行がしづらくなっている。

全日空、燃料サーチャージを89%下げると発表

2月 18, 2009 · Posted in 全てのニュース, 商品ニュース · 全日空、燃料サーチャージを89%下げると発表 はコメントを受け付けていません。 

全日本空輸は2月16日、燃油サーチャージを4月から大幅に下げると発表。原油価格の下落を反映した処置。
全日空と日本航空は付加運賃を3ヶ月おきに見直しており、申請時点の直近3ヶ月の航空燃料(シンガポールケロシン価格)の平均価格をベースに算出する。

株価材料としては海外旅行関連は好材料かもしれませんね。

旅行関連

エイチ・アイ・エス(9603
近畿日本ツーリスト(9726
ユーラシア旅行社(9376

リリース内容

国際線旅客「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)改定。ニュースリリース(全日空)

国際線旅客「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の改定料金

09-031-1

出典:全日空


実質GDPは前期比年率12.7%減、3四半期連続のマイナス

2月 17, 2009 · Posted in 全てのニュース, 経済ニュース · 実質GDPは前期比年率12.7%減、3四半期連続のマイナス はコメントを受け付けていません。 

2008年10-12月期、実質GDPは前期比年率12.7%減、3四半期連続のマイナス

四半期別GDP速報(QE)の結果についてのコメント(日本経済研究センター)

(株価材料)日本製紙、豪製紙3位のオーストラリアンペーパーを買収

2月 17, 2009 · Posted in M&Aニュース, 全てのニュース, 株価材料, 海外株ニュース, 産業と企業 · (株価材料)日本製紙、豪製紙3位のオーストラリアンペーパーを買収 はコメントを受け付けていません。 

日本製紙グループ本社(3893)は2月16日、オーストラリアで製紙3位のオーストラリアンペーパー(AP社、ビクトリア州)を買収すると発表。
5月を目処に紙専門商社ペーパーリンクス社(オーストラリア)からAP社の全株式(360億円超)を取得する。

日本の海外M&A(合併・買収)としては過去最大規模。国内の紙需要が頭打ちの現状の中、円高を生かして海外に進出する。

実現すれば日本製紙は世界での売上高順位を9位から8位に浮上することになる。

当社子会社による株式の取得(孫会社化)に関するお知らせ(日本製紙)PDF

欧州新車販売,09年1月は27%減少。過去20年間で最低水準

2月 15, 2009 · Posted in 全てのニュース, 産業と企業, 経済ニュース · 欧州新車販売,09年1月は27%減少。過去20年間で最低水準 はコメントを受け付けていません。 

欧州自動車工業会が2月13日に発表した欧州新車販売(主要18カ国)は89万1500台となり、前年同月比26.5%の大幅な減少となった。国別でみると最大市場のドイツが4.2%減、メーカー別ではフォルクスワーゲンが18.8%の減となっている。

リリースニュース(欧州自動車工業会)
http://www.acea.be/images/uploads/files/20090213_PRPC-FINAL2-0901.pdf

090215ousyuu-car

関連サイト

自動車関係の国際機関(自動車産業関連リンク集)

(株価材料)マンション分譲のニチモが民事再生法申請

2月 14, 2009 · Posted in 不動産とその他資産, 企業の倒産等, 全てのニュース, 株価材料 · (株価材料)マンション分譲のニチモが民事再生法申請 はコメントを受け付けていません。 

東証2部上場でマンション分譲を手がけるニチモ(8839)が東京地方裁判所に民事再生法を申請。
負債総額757億円。08年12月末時点には176億円の債務超過に陥っていた。
上場廃止は3月14日の予定

ニチモの株価チャート(ヤフーファイナンス)
民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ(ニチモ)

次ページへ »