FRB経済見通しを発表、成長率はマイナス1.3%までのレンジ

米連邦準備理事会(FRB)は2月18日に米経済見通しを発表した。実質成長率の見通しをマイナス1.3%~マイナス0.5%レンジに大幅に下方修正。また、失業率の見通しを8.5%~8.8%まで上昇すると予測した。

連邦公開市場委員会(FOMC)議事録
Minutes of Federal Open Market Committee,[PDFファイル]

Comments

Comments are closed.