野村HD、3000億円の新株公募増資で希薄化懸念

野村ホールディングス〈3231〉は2月23日、3月に公募による新株発行を決議したと発表しました。

発行数は最大で7億5千万株(うちオーバーアロットメントによる売り出しは3360万株)で3000億円を調達し、財務基盤の強化をする。

発行済み株式数は(09年1月31日時点で1,965,919,860株)28%も増加するため、既存株主の利益の希薄化が懸念され、24日の野村株は売られました。

ニュースリリース

http://www.nomuraholdings.com/jp/news/nr/holdings/20090223/20090223.pdf

Comments

Leave a Reply




CAPTCHA