UBS証券がカプコンCB(転換社債)で3兆円の誤発注

東証は25日、UBS証券がゲームソフトメーカーのカプコンの新株予約権付社債(転換社債CB)で誤って巨額の売買が成立したため、売買を一時停止したと発表した。

金融機関同士が売買する立会外取引(ToSTNet)での売買でカプコンCB発行残高(150億円程度)の200倍にあたる3兆円の取引が成立してしまった。

UBS証券は3千万円の注文を誤って3兆円の注文と処理してしまったとのこと。注文は巨額であったが、売り買い共にUBS証券のクロス取引であったため、CB市場への影響は無かったという。

カプコンのチャート(ヤフーファイナンス)

売買の取消し承認申請書の受理 -カプコン第5回CB(東証)

Comments

Comments are closed.