金融取、7月よりマークイット社のCDS参考値を掲載

7月 28, 2009 · Posted in ネット情報の活用, 全てのニュース, 指数ニュース, 為替・債券ニュース · 金融取、7月よりマークイット社のCDS参考値を掲載 はコメントを受け付けていません。 

東京金融取引所は7月よりマークイット社のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)参考値を公表する。
日本企業50社で構成されるCDS価格指標のマークイット・アイトラックス・ジャパン指数(Markit iTraxx Japan)と構成銘柄のCDS価格とグラフを掲載する。

http://www.tfx.co.jp/newsfile/pdf/info20090727.pdf

平成21年7月27日Markit iTraxx Japanインデックス価格情報の掲載について

株式会社東京金融取引所(金融取)は、平成21年7月27日より、Markit iTraxx Japanインデックスの価格情報を当社J-CDSサイト(http://www.j-cds.com/jp/markit_itraxx.html)に掲載いたします。
金融取は、かねてよりクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)参考値を公表する等、日本のクレジット市場の発展に向けた対応を行ってきました。 今般、クレジット市場のベンチマーク指数であるMarkit iTraxx Japanインデックスの価格情報を掲載することにより、クレジット市場の動向をより円滑に把握することが可能になるものと期待しております。
金融取は今後も、金融デリバティブの総合取引所として、日本の金融市場の発展に向けた取組みを行ってまいります。

Markit iTraxx Japan インデックスについて
Markit iTraxx Japan インデックスは、マークイット・グループ・リミテッドが算出するインデックスです。同インデックスは、投資適格格付を有する日本国内企業50社のCDS価格を指標化したもので、市場流動性も高くCDS市場参加者から高く注目されています。
マークイットグループについて
マークイットは、ヨーロッパ、北アメリカおよびアジア太平洋で1,200人を超える従業員を持つ金融情報サービス会社です。投資銀行、ヘッジファンド、アセットマネージャー、ファンド・アドミニストレータ及びカストディアン、中央銀行、金融当局及び格付機関を含め、1,500以上の金融機関が、時価評価、リスク管理、業務効率化及び当局規制の要件に応えるために、サービスを利用しています。 詳細は、www.markit.comをご参照下さい。

↑ページの先頭へ

シルバーオックスが1回目不渡り

7月 17, 2009 · Posted in 企業の倒産等, 全てのニュース, 株式ニュース, 産業と企業 · シルバーオックスが1回目不渡り はコメントを受け付けていません。 

肌着大手のシルバーオックスは生地の調達での決済で振り出された約束手形において1回目の不渡りが発生したと発表。不渡りの金額は約6億円。同社の09年3月期の連結業績は3億円の最終赤字、売上高は196億円で負債総額は60億円。現在、複数の企業が支援を検討しているとのこと。

2009.7.15? -当社振出の約束手形の不渡りに関するお知らせ(PDF)

シルバーオックスのホームページ-IRニュース

シルバーオックス〈8024〉の株価(ヤフーファイナンス)

金融庁-上場企業間の株式持ち合いの開示義務をする方針

7月 6, 2009 · Posted in 全てのニュース, 株式ニュース, 関連法律・税制 · 金融庁-上場企業間の株式持ち合いの開示義務をする方針 はコメントを受け付けていません。 

日経新聞の記事によると金融庁は上場企業間での株式持合いの状況を開示する方針を固めたそうだ。早ければ2010年3月期からの適用を目指す。

正式に決定すると株式持合い状況の開示は、年1回提出する有価証券報告書と3カ月ごとに提出する四半期報告書の中で情報を開示することになる。

株式の持ち合いとは企業同士が互いに長期間にわたり株式を所有しあうことで、取引関係を強化する目的で取得するケースが多いが、最近では買収ファンドなどに対抗するために持ち合う事例も多い。だが、株式持合い株は、事実上、株主総会での議決権が凍結されているため、経営者の保身に使われる副作用も指摘されている。

金融庁-報道発表リリース