ウィルコムが会社更生法申請

PHS最大手のウィルコムは2月18日、会社更生法の適用を申請した。負債総額は2060億円。ウィルコムは1994年にDDI(現KDDI)の子会社として設立。移動通信サービスのエアーエッジなどで契約数を伸ばした。

現在、米投資ファンドのカーライルグループが60%、京セラが30%、KDDIが10%が出資をしていたが、株主責任として100%の減資となる。

また、ウィルコムは株式未上場であるが、公募社債を350億円発行している。格付投資情報センター(R&I)や日本格付研究所(JCR)などはウィルコムの発行体格付けを債務不履行のデフォルトを意味する「D」に引き下げとと発表している。

・2010年2月18日会社更生手続開始の申立に関するお知らせ

リンク

WILLCOM(ウィルコム)-ホームページ
The Carlyle Group-カーライルグループ
京セラ株式会社6971〉- ホームページとヤフーファイナンスの株価
KDDI株式会社9433〉- ホームページとヤフーファイナンスの株価

Comments

Comments are closed.