2010年自動車品質信頼度調査(J・Pパワー)

3月 22, 2010 · Posted in 全てのニュース, 産業と企業, 経済ニュース · 2010年自動車品質信頼度調査(J・Pパワー) はコメントを受け付けていません。 

米調査会社J・D・パワー・アンド・アソシエイツが18日発表した2010年の自動車の品質信頼度調査によると、車種別ランキングで、トヨタは19部門のうち5部門で首位となったが、前年の10部門から半減した。

この調査は、所有者を対象にアンケートが実施され100台当たりの不具合発生が少ない順にランク付けされる。
調査名-自動車品質信頼度調査
英名-「2010 Vehicle Dependability Study(VDS)」Nameplate Ranking
公表:J・D・パワー・アンド・アソシエイツ(J.D. Power and Associates)
リリース:http://businesscenter.jdpower.com/News.aspx

2010jd-car

↑ページの先頭へ

~抜粋~http://businesscenter.jdpower.com/JDPAContent/CorpComm/News/content/Releases/pdf/2010034-vds2.pdf

J.D. Power and Associates Reports:
Despite Overall Industry Improvement in Long-Term Dependability, Some Vehicle Brands Don’t Receive the Credit They’re Due

j-d-2010-rank100322e

(出典:J.D. Power and Associates)

Japanese Models Capture Nine Segment Awards, While Domestic Models Garner Seven and European Models Earn Three; For the First Time in More than A Decade, A Domestic Model Achieves Lowest Incidence of Problems

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 18 March 2010 – Twenty-five of 36 vehicle brands have improved in long-term dependability in 2010, compared with their performance in 2009, continuing a steady trend of industry-wide improvement. However, for some of these brands, consumer perceptions have not kept pace with their actual performance, according to the J.D. Power and Associates 2010 U.S. Vehicle Dependability StudySM (VDS) released today.

The study, which measures problems experienced by original owners of three-year-old (2007 model year) vehicles, includes 198 different problem symptoms across all areas of the vehicle. Overall dependability is determined by the level of problems experienced per 100 vehicles (PP100), with a lower score reflecting higher quality.

The Vehicle Dependability Study is used extensively by vehicle manufacturers worldwide to help design and build better vehicles-which typically translates to higher resale values-and by consumers to help them make more-informed choices for both new- and used- vehicle purchases. According to J.D. Power and Associates, among new-vehicle shoppers, perception of quality and dependability is the most influential factor in their decision to purchase a specific vehicle model.

The study finds that several brands that perform well in long-term dependability in 2010 are avoided at relatively high rates due to consumer concerns about dependability.1 Among brands included in VDS, Cadillac, Ford, Hyundai, Lincoln and Mercury have the greatest lags between dependability performance and consumer perception.

“Producing vehicles with world-class quality is just part of the battle for automakers; convincing consumers to believe in their quality is equally as important,” said David Sargent, vice president of global vehicle research at J.D. Power and Associates. “It takes considerable time to positively change consumer perceptions of quality and dependability-sometimes a decade or more-so it is vital for manufacturers to continually improve quality and also to convince consumers of these gains.”

According to Sargent, approaches that can help reinforce perceptions of high quality in consumers’ minds include: providing extended warranties, which demonstrates a brand’s faith in its products; incorporating features, materials and finishes in vehicles that have a rich feel; and ensuring that new models launch with better quality than their predecessors. In addition, automakers need to increase communication efforts about their high quality and dependability through social media channels such as blogs, Facebook and Twitter, as well as through traditional channels.

Toyota continues to perform well in long-term dependability and garners four segment awards-more than any other nameplate in 2010-for the Highlander, Prius, Sequoia and Tundra. Honda receives three segment awards for the CR-V, Fit and Ridgeline. Lincoln captures two awards for the Mark LT and MKZ. In addition, Audi, BMW, Buick, Cadillac, Chevrolet, Ford, Lexus, Mazda, Mercedes-Benz and Mercury each receive a model segment award.

Porsche leads the overall nameplate rankings in 2010, which is consistent with its performance in the J.D. Power and Associates 2007 Initial Quality Study,SM which measures new-vehicle quality at 90 days of ownership. Lincoln improves by six rank positions from 2009 to follow Porsche in the nameplate rankings. Rounding out the top five nameplates are Buick, Lexus and Mercury. In addition, seven of the 10 models with the lowest incidence of problems in the industry are from Ford and General Motors, including the 2007 model-year Buick Lacrosse, Buick Lucerne, Cadillac DTS, Ford Five Hundred, Lincoln MKZ, Mercury Milan, and Mercury Montego. The Cadillac DTS has the fewest problems in the industry, with just 76 problems per 100 vehicles. This marks the first time in more than a decade that a model from a domestic automaker has achieved the lowest PP100 score in the Vehicle Dependability Study.

Overall vehicle dependability has improved by 7 percent in 2010 to an average of 155 PP100, compared with 167 PP100 in 20092-a rate that is consistent with historical industry gains. In addition to the improvement in overall dependability, the rate of component replacement has also been reduced from 2009. Approximately 65 percent of owners indicate they replaced a vehicle component in 2010, compared with 68 percent in 2009.

“The improvements in long-term dependability and component replacement rates are good news for both consumers and manufacturers,” said Sargent. “Manufacturers benefit from lower warranty expenses, while consumers incur lower maintenance and repair costs, as well as less inconvenience.”

The study also finds that long-term dependability has a significant positive effect on repurchase intent. Among owners who say they did not experience problems with their vehicle, 43 percent indicate they “definitely will” repurchase their current brand. This figure declines to 28 percent among owners who say they experienced at least one problem with their vehicle.

The 2010 Vehicle Dependability Study is based on responses from more than 52,000 original owners of 2007 model-year vehicles. The study was fielded between October and December 2009.

Find more detailed findings on vehicle dependability as well as model photos and specs by reading an article and reviewing brand and segment dependability ratings at JDPower.com.

1Source: J.D. Power and Associates 2009 Avoider StudySM
2Due to a change in the problem battery in 2010, PP100 scores for 2009 have been adjusted to allow for comparison with 2010 PP100 scores.

About J.D. Power and Associates
Headquartered in Westlake Village, Calif., J.D. Power and Associates is a global marketing information services company operating in key business sectors including market research, forecasting, performance improvement, Web intelligence and customer satisfaction. The company’s quality and satisfaction measurements are based on responses from millions of consumers annually. For more information on car reviews and ratings, car insurance, health insurance, cell phone ratings, and more, please visit JDPower.com. J.D. Power and Associates is a business unit of The McGraw-Hill Companies.

About The McGraw-Hill Companies
Founded in 1888, The McGraw-Hill Companies is a leading global information services company meeting worldwide needs in the financial services, education and business information markets through leading brands such as Standard & Poor’s, McGraw-Hill Education, Platts, Capital IQ, J.D. Power and Associates, McGraw-Hill Construction and Aviation Week. The Corporation has more than 280 offices in 40 countries. Sales in 2009 were $5.95 billion. Additional information is available at http://www.mcgraw-hill.com/.

↑ページの先頭へ

三菱商事系、物流施設に特化した私募ファンド

3月 22, 2010 · Posted in ファンドニュース, 不動産とその他資産, 全てのニュース · 三菱商事系、物流施設に特化した私募ファンド はコメントを受け付けていません。 

三菱商事系のダイヤモンド・リアルティ・マネジメント(DREAM)は投資対象を物流倉庫施設に特化した不動産私募ファンドを組成すると発表した。ファンド名は「ドリーム・ロジスティクス・ファンド」。資産規模は約234億円。運用期間は5年で、比較的安定した賃料収入を期待できる物流倉庫に特化することで、長期的な安定した運用の受け皿にする。

~リリース抜粋~

2010.3.19

物流施設特化型不動産私募ファンド(資産規模234億円)の組成に関するおしらせ

当社は、現在運用中の第1号ファンド(商業施設特化型、オストラファンド、総資産550億円)、第2号ファンド(賃貸住宅特化型、ステーブル・レジデンシャルファンド、総資産299億円)、第3号ファンド(商業施設特化型、ドリーム・リテール・ファンド、総資産356億円)に続き、本年3月19日に第4 号ファンド(物流施設特化型、ドリーム・ロジスティクス・ファンド、総資産234億円 以下「本ファンド」)を組成しました。
同時に、当社親会社(100%)の三菱商事は、国内機関投資家および国内年金基金等と共に、本ファンドに対して出資を行います。

本ファンドは三菱商事グループが有する不動産開発、物流・金融事業ノウハウを組み合わせて組成するもので、投資対象は首都圏4物件と九州地方1物件の計5物件(三菱商事による開発物件で、本年3月19日付けで産業ファンド投資法人から取得する「船橋物流センター」を含む)により構成されます。
いずれの物件も、当該エリアにおける物流要所に立地すると共に、信用力の高いテナントとの間で中長期の賃貸借契約が締結されており、ファンド運用期間を通して安定的なキャッシュフロー(賃料収入)が見込まれております。

本ファンドの出資者は、複数の国内機関投資家および年金基金等から構成されます。デット資金については、ノンリコースローン(非遡及型融資)と機関投資家向け特定社債(2010年3月2日にムーディーズより予備格付けを取得済み)を組み合わせて調達します。三菱商事グループの物流施設運用力、および金融機関との良好な取引関係を背景として、現下の厳しい不動産融資環境下においても好条件でのデット資金調達を実現しました。

当社は、2004年の会社設立以来、国内外の機関投資家向けに複数の不動産私募ファンドを組成し、運用を行って参りました。現在の運用資産残高は2,300億円を超え、総合商社系では最大規模の不動産私募ファンド運用会社となっております。

一昨年に発生した金融危機後、調整局面が続いている国内不動産私募ファンド市場において、当社では本ファンドの組成活動を通じて、いち早く機関投資家等の「安定的なキャッシュフローを裏づけとした優良不動産への投資ニーズ」を発掘し、具現化することができました。
今後も投資家のニーズに的確にお応えしていくべく、産業界と幅広い接点を有する総合商社系ならではの特色ある不動産私募ファンドを立ち上げていく方針です。

1) ファンド名称
: ドリーム・ロジスティクス・ファンド
2) 運用開始時期 : 2010年3月19日
3) 投資対象 : 首都圏を中心とする稼働中の物流施設
4) 資産規模 : 約234億円
5) 運用期間 : 5年間
6) 投資家 : 国内大手機関投資家・年金基金等

↑ページの先頭へ

↑ページの先頭へ

日経配当指数、4月から算出開始

3月 22, 2010 · Posted in 全てのニュース, 指数ニュース, 株主優待・配当ニュース, 株式ニュース · 日経配当指数、4月から算出開始 はコメントを受け付けていません。 

日本経済新聞社は4月から日経平均株価の構成する銘柄の配当額を累積して指数化した「日経平均配当指数」を算出すると発表した。

日経平均株価を構成する225銘柄を全て1月から12月まで保有した場合に、受け取る権利が発生する配当額を累積して指数化したもの。

指数名-日経平均配当指数
英名-Nikkei Stock Average Dividend Point Index
算出-日本経済新聞社
リリース-http://www.nikkei.co.jp/nkave/news/20100318dgc1800q18.html

↑ページの先頭へ

グロソブ、信託純資産総額で8年7ヶ月連続トップ(リッパー)

3月 18, 2010 · Posted in ファンドニュース, 全てのニュース · グロソブ、信託純資産総額で8年7ヶ月連続トップ(リッパー) はコメントを受け付けていません。 

トムソン・ロイターグループの投資信託情報サービス会社リッパー(Lipper)によると2月の投資信託純資産総額(ETFを除く)は国際投信投資顧問の「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)が純資産総額3兆8623億0600万円で8年7ヶ月連続でトップとなった。

↑ページの先頭へ

顧客満足度ランキング、TDRが首位

3月 18, 2010 · Posted in 全てのニュース, 産業と企業, 経済ニュース · 顧客満足度ランキング、TDRが首位 はコメントを受け付けていません。 

サービス産業生産性協議会は16日、小売・サービスなど29業界291社を対象にした顧客満足度のランキングをまとめた。

2009年度は東京ディズニーランド(TDR)が首位、2位がECカレント、3位があきんどスシローであった。

公表:サービス産業生産性協議会

データ:日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)

リリース:http://www.service-js.jp/cms/show_news.php?id=212

↑ページの先頭へ

2010年3月16日-平成21年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査結果発表

rank100317-01

rank100317-02
(出典;サービス産業生産性協議会

↑ページの先頭へ

米ウェブサイト訪問者数シェア、米フェースブックが首位

3月 17, 2010 · Posted in 全てのニュース, 産業と企業, 経済ニュース · 米ウェブサイト訪問者数シェア、米フェースブックが首位 はコメントを受け付けていません。 

インターネット調査会社ヒットワイズ(Hitwise)が15日発表した米ウェブサイト訪問者数シェアで、SNS(交流サイト)最大手の米フェーズブックがインターネット検索大手の米グーグルを抜いて首位になった。フェーズブックは世界に4億人の利用者を持つ。

ヒットワイズの調査によると3月7~13日の週はフェースブックが前週比0.13ポイント増の7.07%で1位、グーグルは0.03ポイント増の7.03%で2位であった。

Facebook Pushes Google in US : Hitwise stats – ABH News

リリース抜粋(引用:Hitwise

It is a milestone in the history of Facebook. In the week of March 7 to 13, Facebook has for the first time, recorded a better hearing in the United States as Google, making it the most visited site, reports a study published in the Financial Times. Facebook has also doubled its number of members in one year, from 200 million to 400 million, according to this study.

The study conducted by the firm Hitwise said that the social network has more than tripled its attendance in one year in the United States, from just over 2% of site visits to 7.07% last month pointing March. Google has made little progress in one year, from just over 6% of visits to 7.03%. Together, they account for nearly 14% of all visits to the United States. Despite its ratings success, sales of Facebook, however, doubling from one year to another ? estimated at between 600 million and 700 million in 2009, it could amount to 1.1 billion dollars or $ 2 billion ? is far behind the 23.6 billion worth of Google, which launched Buzz in response to the success of Facebook. “The real value of Facebook and social networking is becoming clear to specialists,” said Augie Ray, an analyst at Forrester Research, quoted by the Financial Times.

Facebook-米フェースブックのサイト

↑ページの先頭へ

ABCマート、金庫株を消却

3月 17, 2010 · Posted in 全てのニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · ABCマート、金庫株を消却 はコメントを受け付けていません。 

10/3/17

ABCマートは自社で保有する金庫株をすべて消却すると発表。同社は市場から買い付けた自社株を金庫株として保有していた。消却する株式数は発行済み株式数の9.96%にあたる833万株。消却予定日は3月31日。

金庫株は発行済み株式数を減らし、1株の価値を高めることが出来ることから株主への利益配分にもなる。

2010年3月15日 - 自己株式の消却に関するお知らせicon_pdf(ABCマート)

abc1003171

↑ページの先頭へ

高配当に “東証配当フォーカス100指数”の算出開始

3月 13, 2010 · Posted in 取引所ニュース, 株式ニュース · 高配当に “東証配当フォーカス100指数”の算出開始 はコメントを受け付けていません。 

2010/03/13

東京証券取引所が3月8日より、配当利回りに着目した新指数の”東証配当フォーカス100指数”の算出を開始した。配当利回りの高い100銘柄の指数で、現在の構成銘柄の予想配当利回りは2.92%。医薬品や電力、金融のほか、不動産投資信託(REIT)の比率が1割と多いのが特徴。

東証配当フォーカス100指数”の銘柄選定方法及び情報提供について(東証ニュース)

2011年-就職企業人気ランキング(マイコミ)

3月 11, 2010 · Posted in 株式ニュース, 産業と企業 · 2011年-就職企業人気ランキング(マイコミ) はコメントを受け付けていません。 

毎日コミュニケーションズは2011年の新卒の大学生を対象とした就職企業ランキングの上位100社を発表。文系トップは3年連続でJTB、理系トップは発の首位の味の素であった。

↑ページの先頭へ

(調査概要)

内容 – 全国大学生企業人気ランキング
実施期間 -2009年10月1日 ~2010年2月1日
調査対象 -? 2011年3月卒業見込みの全国大学3年生、大学院1年生
有効回答数 24,197名

mycom2011rank-syu

(出典:毎日コミュニケーションズ)

2010/3/10-「2011年卒マイコミ大学生就職企業人気ランキング」調査結果発表

100社までのランキングデータicon_pdf

↑ページの先頭へ

JTB-ホームページ

味の素-ホームページ

↑ページの先頭へ

日経平均構成銘柄の一部入れ替えを発表

3月 10, 2010 · Posted in 全てのニュース, 株式ニュース · 日経平均構成銘柄の一部入れ替えを発表 はコメントを受け付けていません。 

2010/03/10

日本経済新聞社は日経平均株価の構成銘柄の一部入れ替えを発表。新日本石油、新日鉱ホールディングス、損保保険ジャパンの3社が除外される。それぞれ共同持ち株会社設立により上場廃止になるため。

(採用)日新製鋼〈5407〉、JXホールディングス〈5020〉、NKSJホールディングス〈8630

(除外)新日本石油、新日鉱ホールディングス、損保保険ジャパン

日経平均プロフィール-構成銘柄入れ替えのリリース

SBIが海外送金サービス事業へ参入

3月 4, 2010 · Posted in 金融サービス · SBIが海外送金サービス事業へ参入 はコメントを受け付けていません。 

2010/03/04

SBIホールディングスは海外への送金サービス事業を参入すると発表した。米国のマネー・グラム・インターナショナルと提携し、日本から世界190カ国へ送金できるようにする。SBIは近く「SBIレミット」を設立する。

今年4月に施行される資金決済法により、いままで銀行だけが手がけることが出来た送金業務を事業会社にも認められるようになったことによるもの。

↑ページの先頭へ

sankaku 2010年3月 3日-日本初となるインターネットを主要チャネルとする国際送金サービス事業への参入についてicon_pdf(SBIホールディングス)

日本初となるインターネットを主要チャネルとする国際送金サービス事業への参入について2010年3月3日
SBIホールディングス株式会社

当社は、米国の国際送金サービス大手MoneyGram International, Inc.(本社:米国ミネソタ州ミネアポリス市、ニューヨーク上場、CEO:パメラ・パッツリー、以下「マネーグラム社」)と、同社の世界190カ国約 18万拠点の代理店ネットワークの利用に関する業務提携に基本合意し、インターネットを主要チャネルとした国際送金サービス事業へ参入することといたしましたので、お知らせいたします。
今後、新会社「SBIレミット株式会社(仮称)」(当社100%出資を予定、以下「SBIレミット」)において、2010年夏頃のサービス開始を目処として準備を進めてまいります。なお、インターネットを主要チャネルとした国際送金サービスの提供、及び銀行以外の業態としての国際送金事業への参入は、いずれも日本初となる予定です。なお、サービス開始には、資金決済に関する法律(以下、「資金決済法」)に基づく「資金移動業者」としての登録が条件となります。

1. 国際送金サービス事業参入の趣旨
グローバル化の大きな流れの中、日本の2008年末外国人登録者数は約222万人と10年前から47%増加し、また日本人の海外留学・赴任の機会も引き続き増加するなど、日本で現在1兆円規模ともいわれる国際送金サービスに対する需要は、今後ますます増加すると予想されます。そのような状況下、2010年 4月に予定される資金決済法の施行にともない、従来銀行のみが取り扱うことが可能であった国際送金業務を、「資金移動業者」として登録することにより、銀行以外の業者も取り扱うことが可能となります。当社グループは従前より、ブロードバンド化の進展と金融の規制緩和の流れの中、インターネットを最大限に活用して、低コストで利便性の高い金融商品・サービスを提供してまいりました。例えばSBI証券においては、金融ビッグバンにおける株式委託売買手数料の自由化などの規制緩和を受けて、1999年にインターネット株式取引を開始し、現在は顧客口座数200万超にまで成長しております。
このたびの国際送金サービス事業参入においても、当社グループがこれまで培ってきたインターネット金融事業のノウハウと、国際送金サービス大手のマネーグラム社の国際送金ノウハウとグローバルネットワークとを併せることにより、低コストで顧客利便性の高いサービス提供を目指してまいります。

2. 「国際送金サービス」の概要
SBIレミットにおける国際送金サービスでは、送金依頼人がパソコンや携帯電話から24時間送金申込みを行うことができ、送金手続完了後10分程度で送金受取人は、世界のマネーグラム社代理店で送金を受け取れるようになります。また、海外のマネーグラム社代理店から日本への送金の受け取りも可能となる予定です。
特徴1. 安価な手数料
インターネットを主要チャネルとし、送金処理をシステム化することにより効率的な運用を行い、安価な手数料でサービスを提供
特徴2. サービスの多言語対応
日本語や英語に不慣れな外国人労働者も利用しやすいように、ウェブサイト及びコールセンターにおいて利用者のニーズの高い複数言語で対応
特徴3. 24時間運営で迅速な送金
送金手続きはウェブサイトにて24時間可能。受け取りは送金依頼から10分程度で可能
特徴4. 世界中に広がる送金ネットワーク
送金受取りはマネーグラム社の190カ国約18万拠点の代理店ネットワークで可能
特徴5. マネー・ロンダリング防止に対応
利用登録時の本人確認や、フィルタリング・ソフト導入等によりマネー・ロンダリング防止のための高いセキュリティレベルを実現

3. 業務提携先「MoneyGram International, Inc」の概要
(1)称号??? MoneyGram International, Inc.
(2)所在地??? 1550 Utica Avenue South, Minneapolis, Minnesota 55416, USA
(3)代表者の役職・氏名??? CEO: Pamela Patsley
(4)事業内容??? 金融サービス
(5)上場市場??? ニューヨーク証券取引所

4. 今後の日程
2010年春??? SBIレミット株式会社(仮称)設立(予定)
2010年夏頃??? サービス開始(予定)

5. 今後の見通し
料金・対応言語などサービスの具体的内容につきましては現時点で未確定であり、今後決定次第お知らせいたします。

以上

↑ページの先頭へ

資金決済に関する法律(資金決済法)

資金決済に関する法律の施行に伴う政令案・内閣府令案等の公表(金融庁)

↑ページの先頭へ

総和地所、債務超過の見通しで上場廃止へ

3月 3, 2010 · Posted in 企業の倒産等, 全てのニュース, 株式ニュース, 産業と企業 · 総和地所、債務超過の見通しで上場廃止へ はコメントを受け付けていません。 

マンション開発の総和地所は3月1日、ジャスダックを上場廃止になる見通しだと発表した。2010年2月期に2期連続で債務超過状態となったため。同社は5月下旬に提出予定の有価証券報告書で債務超過が確認された後、1ヶ月で上場廃止となる。ジャスダックは同社株を管理銘柄(確認中)に指定した。

株式会社総和地所3236〉-ホームページとヤフーファイナンスの株価

上場廃止基準(JASDAQ)

上場規則に関する猶予期間入り等の状況(JASDAQ)

↑ページの先頭へ

もっと読む