ドイツ連邦金融監督庁、ユーロ圏の国債の空売り禁止規制

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)は18日、国内でのユーロ圏の国の発行した国債の空売り禁止(ネイキド・ショート・セリング)、規制を19日より適用すると発表した。

また、同様にクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)、主要金融会社10社の空売り禁止も行う。

ネイキド・ショート・セリング(Naked short selling)とは現物株や現物国債を借りないで、空売りの取引を行うもので、ギリシャの信用不安から国債が急落する事態などをうけ、投機的な動きを避けるために規制するものと思われる。

規制対象の金融機関10社

以下リリース抜粋

2010/05/19-BaFin prohibits uncovered short-selling transactions and uncovered CDS in government bonds of euro zone

BaFin prohibits(禁止する uncovered short-selling(現物手当のない空売り) transactions and uncovered CDS in government bonds of euro zone(ユーロ圏の国債)
The Federal Financial Supervisory Authority (BaFin) on Tuesday temporarily prohibited uncovered short sales of debt securities of euro zone countries admitted on a domestic exchange to trading on the regulated market. It also temporarily prohibited credit default swaps (CDS) in which the reference liability is at least also a liability of a euro zone country and is not used to hedge default risks (uncovered CDS).

Moreover, BaFin prohibited uncovered short-selling transactions in the shares of the following companies(以下の会社) from the financial sector:(金融セクター)

* AAREAL BANK AG

* ALLIANZ SE(アリアンツ)

* COMMERZBANK AG(コメルツ銀行)

* DEUTSCHE BANK AG(ドイツ銀行)

* DEUTSCHE BORSE AG

* DEUTSCHE POSTBANK AG

* GENERALI Deutschland HOLDING AG

* HANNOVER RUCKVERSICHERUNG AG

* MLP AG

* MUNCHENER RUCKVERSICHERUNGS-GESELLSCHAFT AG

↑ページの先頭へ

Comments

Comments are closed.