国連推計、10月末に世界人口は70億人突破する見通し

国連が5月3日に公表した、世界人口推計2010年改定版」によると、世界人口は今年10月末に70億人を突破する見通しになった。また2083年には100億人になると予測している。

http://esa.un.org/unpd/wpp/index.htm

http://www.stat.go.jp/data/sekai/02.htm#h2-01

viewimg

出典:国連人口基金

S&P,日本国債をAAマイナスに格下げ

2011年1月27日

米国の格付け会社のスタンダードアンドプアーズ(S&P)は日本の国債の格付けをダブルAからダブルAマイナスへ格下げしたと発表した。

spkakuduke-110131

Ratings On Japan Lowered To ‘AA-‘; Outlook Stable

SINGAPORE (Standard & Poor’s) Jan. 27, 2011–Standard & Poor’s Ratings
Services said today that it had lowered its long-term sovereign credit ratings
on Japan to ‘AA-‘ from ‘AA’. At the same time, we affirmed the ‘A-1+’
short-term sovereign credit ratings. The outlook on the long-term rating is
stable. The transfer and convertibility (T&C) assessment remains ‘AAA’.

The downgrade reflects our appraisal that Japan’s government debt
ratios–already among the highest for rated sovereigns–will continue to rise
further than we envisaged before the global economic recession hit the country
and will peak only in the mid-2020s. Specifically, we expect general
government fiscal deficits to fall only modestly from an estimated 9.1% of GDP
in fiscal 2010 (ending March 31, 2011) to 8.0% in fiscal 2013. In the medium
term, we do not forecast the government achieving a primary balance before
2020 unless a significant fiscal consolidation program is implemented
beforehand.

Japan’s debt dynamics are further depressed by persistent deflation. Falling
prices have matched Japan’s growth in aggregate output since 1992, meaning the
size of the economy is unchanged in nominal terms. In addition, Japan’s
fast-aging population challenges both its fiscal and economic outlooks. The
nation’s total social security related expenses now make up 31% of the
government’s fiscal 2011 budget, and this ratio will rise absent reforms
beyond those enacted in 2004. An aging and shrinking labor force contributes
to our modest medium-term growth estimate of around 1%.

In our opinion, the Democratic Party of Japan-led government lacks a coherent
strategy to address these negative aspects of the country’s debt dynamics, in
part due to the coalition having lost its majority in the upper house of
parliament last summer. We think there is a low chance that the government’s
announced 2011 reviews of the nation’s social security and consumption tax
systems will lead to material improvements to the intertemporal solvency of
the state. We even see a risk that the Diet might not approve budget-related
bills for fiscal 2011, including government financing authorization. Thus,
notwithstanding the still strong domestic demand for government debt and
corresponding low real interest rates, we expect Japan’s fiscal flexibility to
diminish.

That said, the sovereign ratings on Japan are supported at the lower ‘AA-‘
level by the country’s ample net external asset position, relatively strong
financial system, and diversified economy. In addition, the yen is a key
international reserve currency.

Japan is the world’s largest net external creditor in absolute terms, with
projected net assets of an estimated 254% of current account receipts at
yearend 2010. The country’s current gold and foreign exchange reserves of over
US$1 trillion are second only to China’s. In addition, both the financial
sector and the corporate plus household sectors are external creditors.
Standard & Poor’s expects continued current account surpluses to further
enhance Japan’s net external asset position in the coming years.
The stable outlook on our ratings on Japan balance weak public finances and
anemic growth prospects with its strong external position and the flexibility
afforded by the yen’s international role. Should the government be able to
consolidate its finances and to enact measures to improve its growth
prospects–as it did in the early part of the last decade–upward pressure on
the ratings would build. Conversely, if we again mark down our fiscal
forecasts, downward pressure on the ratings could reemerge.

Ratings List

Ratings lowered

To From
Japan
Foreign currency AA-/Stable/A-1+ AA/Negative/A-1+
Local currency AA-/Stable/A-1+ AA/Negative/A-1+

ラオス証取(LSX)が発足、取引開始

1月 21, 2011 · Posted in ファンドニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 指数ニュース, 株式ニュース, 経済ニュース · ラオス証取(LSX)が発足、取引開始 はコメントを受け付けていません。 

2011.01.11
世界一小さな株式市場のラオス証券取引所が発足して取引開始となった。
人口632万人のラオスの初めての証券取引所で、上場はラオス外商銀行と水力発電のEDL-Genの2銘柄。

1月11日午前11時にソムサワット副首相が鳴らした銅鑼の音とともに電光掲示板に初値が表示された。

  • ラオス証券取引所(LSX:Lao Securities Exchange)-ラオス証券取引所は2010年10月にラオス中央銀行と韓国取引所が出資して設立された。

大証、デリバティブの夜間取引時間を延長

1月 21, 2011 · Posted in CFDニュース, デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース, 指数ニュース, 指数先物ニュース, 株式ニュース · 大証、デリバティブの夜間取引時間を延長 はコメントを受け付けていません。 

2011.01.15

大阪証券取引所は日経平均先物取引などのデリバティブの夜間取引時間の延長をする方針だそうだ。

現在の午後23時30分の終了から午前3時まで延長する方針で、2011年7月をめどに変更する。

大証の現在の取引時間

(日中取引)9時00分~15時10分、(夜間取引)16時30分~23時30分

大証の変更の取引時間(2011年7月予定)

(日中取引)9時00分~15時10分、(夜間取引)16時30分~3時(27時)

シンガポール取引所、3月より昼休み撤廃する方針

1月 19, 2011 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 株式ニュース · シンガポール取引所、3月より昼休み撤廃する方針 はコメントを受け付けていません。 

2011年1月18日

シンガポール取引所(SGX)は3月1日より株式取引の昼休みを撤廃する方針と明らかにした。現在、午後12時30分(日本時間:13時30分)からの90分の昼休みを無くして、午前9時から午後17時まで中断なしで取引できるようになる。

韓国やインド、オーストラリアなどの取引所で既に昼休みが撤廃されており、東証でも昼休み時間の短縮を計画している。

Singapore Exchange to launch new trading engine in Aug
Singapore Exchange (SGX) , Asia’s second-largest listed bourse operator, said on Wednesday it will launch the world’s fastest trading engine, called SGX Reach, on Aug 15 as it tries to compete with rivals.

SGX said last year that it would invest S$250 million ($195 million) for the new trading infrastructure that will enable overseas customers to trade through the bourse at a lower cost.

“In addition to its benchmarked order response time of 90 microseconds ‘door-to-door’, Reach can handle 1 million order book changes per second per partition, 100 times the capacity of the existing engine,” SGX said in a statement.

SGX on Tuesday reported a 14 percent rise in its October-December profit, missing expectations, and said it was on track to complete a $7.8 billion takeover of Australian bourse operator ASX . ($1 = 1.283 Singapore Dollars) (Reporting by Harry Suhartono; Editing by Dhara Ranasinghe)

証券優遇税制2年延長

12月 15, 2010 · Posted in 全てのニュース, 株式ニュース, 為替・債券ニュース, 経済ニュース, 関連法律・税制 · 証券優遇税制2年延長 はコメントを受け付けていません。 

2011年末で期限を迎える上場株式などの配当や譲渡益の課税を10%軽減する「証券優遇税制」の優遇期間をさらに2年間延長することがきまった。(2013年末まで)廃止をすれば株式投資に悪影響が出かねないとして国民新党などが反発していた。

「証券優遇税制」は本来は20%の課税を10%(所得税7%、住民税3%)にする税制優遇処置で、2003年に導入。その後期限延長を繰り返している。

ADB予測、アジア太平洋地域10年成長率8.6%

12月 13, 2010 · Posted in 全てのニュース, 経済ニュース · ADB予測、アジア太平洋地域10年成長率8.6% はコメントを受け付けていません。 

アジア開発銀行(ADB)は12月7日、アジア、太平洋地域(日本などを除く)45か国・地域の2010年の実質国内総生産(GDP)は8.6%の成長率との予測を発表した。

ADB’s Asia Economic Monitor

7 December 2010
Emerging East Asia’s Strong Recovery Suggests It Is Time to Look at Currency Cooperation – ADB Report

HONG KONG, CHINA – Governments and monetary authorities in emerging East Asia need to cooperate more on exchange rates and other policies to turn the swift post-crisis recovery into more balanced, long-term growth.

“Regional exchange rate cooperation – if handled wisely – can ensure intra-regional exchange rate stability while allowing inter-regional flexibility; thus helping promote intra-regional trade and investment, and rebalance the region’s sources of growth,” said the special section of the latest edition of ADB’s Asia Economic Monitor released today.

Emerging East Asia’s large, long-standing trade surpluses against developed economies’ increasing debt have raised tensions culminating in calls for emerging East Asia to allow its currencies to appreciate to match its growing economic strength. Asia’s swift recovery from the recent global crisis is also drawing foreign investment to the region. Managing capital inflows to prevent asset price bubbles has also become a concern.

“Rapidly growing interdependence in trade and finance and the increasing importance of spillovers and contagion effects within the region make regional exchange rate cooperation essential,” said Iwan Azis, Head of ADB’s Office of Regional Economic Integration that prepared the report. “At the same time, regional currency flexibility against major currencies outside the region would help emerging East Asia better manage capital flows and respond to external shocks.”

The Asia Economic Monitor suggests the best way forward would be for East Asian economies to adopt informal monitoring zones for their exchange rates against an external reference currency or a basket of currencies. Any big shift outside those non-binding zones would prompt confidential discussions to reduce deviations. Over time these arrangements could become more formal.

The report assesses the outlook for emerging East Asia, which comprises the 10 economies of the Association of Southeast Asian Nations, plus the People’s Republic of China (PRC); Hong Kong, China; Republic of Korea; and Taipei,China.

The report notes that the weaker outlook for the global economy coupled with the phasing out of fiscal and monetary stimulus within the region means economic growth in the region should moderate next year.

Average growth in emerging East Asia is likely to be 7.3% in 2011 after growing 8.8% in 2010. In its Asian Development Outlook 2010 Update, published in September, ADB had predicted growth of 8.4% for the region this year after a 5.2% expansion in 2009. The 2010 upgrade was in large part due to the faster-than-expected growth in the PRC which ADB now sees at 10.1% this year. That is higher than its previous forecast of 9.6% in September. ADB still expects the PRC economy to expand 9.1% in 2011.

In a separate special note reassessing the overall performance of developing Asia – that is, 45 developing economies of Central Asia, East Asia, South Asia, Southeast Asia and the Pacific – ADB upgraded its 2010 forecast to 8.6% from the 8.2% it forecast in September. The 2011 forecast for developing Asia is still 7.3%.

Growth in Central Asia is now forecast at 5.9% this year, against a previous forecast of 5.1%. ADB still expects the economies of South Asia to expand 7.8% in 2010, with the Indian economy set to grow 8.5%. Southeast Asia will grow 7.5% in 2010, up from the 7.4% forecast in September. The forecast for the economies of the Pacific remains the same at 4.3% in 2010.

The V-shaped recovery has run its course in emerging East Asia and the challenge for the region is to put in place national policies that will translate swift recovery into long-term growth,” said Mr. Azis.

Risks to the outlook for the region are also higher than they were six months ago. Policy challenges stem from the relatively weak recovery in advanced economies, potentially destabilizing capital inflows, inflation and asset price bubbles in some countries, and protectionism.

アジア開発銀行(ADB、Asian Development Bank)本部マニラ

フィデッサ流動性分断化インデックス

8月 25, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 指数先物ニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース · フィデッサ流動性分断化インデックス はコメントを受け付けていません。 

金融発注管理システムやマーケットデータなどを提供しているイギリス金融システム会社のフィデッサは株式銘柄がどのくらい幅広い取引市場で取引されているかを測る指数を従来の欧州に加え日本、米国、アジアも算出して9月中旬より公表する。

指数の名前は「フィデッサ流動性分断化インデックス(Fidessa Fragmentation Index)」。

例えば東証、大証に同時上場している銘柄でそれぞれ売買高が同じ程度であれば指数は2となる。つまり2つの市場での株価を比較して売買する必要があると判断でき、また、1であれば投資家は主要取引所での売買だけで良いと判断できる。

日本の株式市場では9割以上を東証がシェアを握るが、米国やイギリスでは私設市場が非常に多くあり、主要の取引所でのシェアは4割程度に低下している。

今後日本でも私設取引システム(PTS)が増加して指数の需要が広がると予想している。

フィデッサ流動性分断化インデックスチャート

http://fragmentation.fidessa.com/翻訳

出典:Fidessa (Fidessa Fragmentation Index)

フィデッサのホームページより抜粋

現在、トレーディング・ソリューション、注文/発注管理システム、マーケットデータ、グローバルコネクティビティーを提供しているフィデッサは、世界大手証券会社の85%により採用されています。
フィデッサ・レイテントゼロは世界最大の資産規模を持つ多数の運用会社により採用され、包括的なポートフォリオ分析、モデリング、発注管理、事前/事後取引過程のコンプライアンス管理を司るソリューションをバイサイドに提供しています。
フィデッサのグローバル・ネットワークは現在月に180万件以上のメッセージを配信、約2,400のバイサイド企業、550のブローカー、115の取引所間の電子取引フローをカバーしています。
フィデッサ・グループ plcは、1981年の創立で、現在ロンドン(本社)、サリー(英)、ニューヨーク、ボストン、東京、香港、パリ、トロント、サンフランシスコを拠点に、約1,500人の従業員を要し、1997年よりロンドン証券取引所に上場しています。(LSE:FDSA)
世界中の各拠点において900社以上の金融機関に属する26,000人以上のユーザーがフィデッサを使用しています。

・Fidessa(LSE: FDSA)

財務省、財政投融資の実績額を4月より公表

5月 24, 2010 · Posted in 全てのニュース, 為替・債券ニュース, 経済ニュース · 財務省、財政投融資の実績額を4月より公表 はコメントを受け付けていません。 

財務省は財政投融資の実績額を月次で公表を開始した。

2010年4月の財政投融資の実績は6217億円。内訳では中小企業向けの日本政策金融公庫への貸し付けは2098億円であった。

財政投融資とは中小企業支援、病院や福祉施設の建設整備、資源の獲得といった政策を実現するために、政府系金融機関を中心とする特殊法人などに公的な資金 を投融資する国の制度。毎年度予算編成とともに財投計画を作成する。

zaiseitouyuusio1-100524

zaiseitouyuusio2-100524

(FDIC)問題金融機関リスト、775行と73行増加

5月 22, 2010 · Posted in 全てのニュース, 海外株ニュース, 産業と企業, 経済ニュース · (FDIC)問題金融機関リスト、775行と73行増加 はコメントを受け付けていません。 

米連邦預金保険公社(FDIC)は5月20日、経営に問題があると判断した金融機関は3月末時点で775行あり、昨年12月末の702行から増加したと発表した。

FDIC-Insured Institutions Earned $18 Billion in the First Quarter of 2010翻訳

リリース抜粋(FDIC)

The number of institutions on the FDIC’s “Problem List”(FDICが問題とした金融機関リスト rose to 775, up from 702 at the end of 2009(09年末の702行から775行に上昇. In addition, the total assets of “problem” institutions increased during the quarter from $403 billion to $431 billion(問題行金融機関全体の金融総資産は4312億ドルに増加. These levels are the highest since June 30, 1993(1993年6月30日以来の多さ, when the number and assets of “problem” institutions totaled 793 and $467 billion, respectively, but the increase in the number of problem banks was the smallest in four quarters. Forty-one institutions failed during the first quarter. Chairman Bair noted that the vast majority of “problem” institutions do not fail.

↑ページの先頭へ

2010年世界競争力年鑑、日本17位に上昇。

5月 20, 2010 · Posted in 全てのニュース, 産業と企業, 経済ニュース · 2010年世界競争力年鑑、日本17位に上昇。 はコメントを受け付けていません。 

スイスのビジネススクールの経営開発国際研究所(IMD:International Institute for Management Development)が公表した2010年世界競争力年鑑が公表された。1位はシンガポール、2位は香港、3位はアメリカで、日本の総合順位は前年の17位から27位に急落した。

2010年競争力順位(カッコ内は左から08年→09年→2010年)

——————————————————————————
1位-シンガポール(2位→3位→1位)

2位-香港(3位→2位→2位)
3位-米国(1位→1位→3位)

4位-スイス(4位→4位→4位)

5位-オーストラリア(7位→7位→5位)
・・・
27位-日本(22位→17位→27位)
・・・
20位中国(17位→20位→18位)

  • 経営開発国際研究所【翻訳】(IMD:International Institute for Management Development)
  • IMD World Competitiveness Yearbook 2010
出典:IMD(The World Competitiveness Scoreboard 2010)

出典:IMD(The World Competitiveness Scoreboard 2010)

↑ページの先頭へ

ドイツ連邦金融監督庁、ユーロ圏の国債の空売り禁止規制

5月 20, 2010 · Posted in 全てのニュース, 海外株ニュース, 為替・債券ニュース, 金融政策ニュース · ドイツ連邦金融監督庁、ユーロ圏の国債の空売り禁止規制 はコメントを受け付けていません。 

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)は18日、国内でのユーロ圏の国の発行した国債の空売り禁止(ネイキド・ショート・セリング)、規制を19日より適用すると発表した。

また、同様にクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)、主要金融会社10社の空売り禁止も行う。

ネイキド・ショート・セリング(Naked short selling)とは現物株や現物国債を借りないで、空売りの取引を行うもので、ギリシャの信用不安から国債が急落する事態などをうけ、投機的な動きを避けるために規制するものと思われる。

規制対象の金融機関10社

以下リリース抜粋

2010/05/19-BaFin prohibits uncovered short-selling transactions and uncovered CDS in government bonds of euro zone

BaFin prohibits(禁止する uncovered short-selling(現物手当のない空売り) transactions and uncovered CDS in government bonds of euro zone(ユーロ圏の国債)
The Federal Financial Supervisory Authority (BaFin) on Tuesday temporarily prohibited uncovered short sales of debt securities of euro zone countries admitted on a domestic exchange to trading on the regulated market. It also temporarily prohibited credit default swaps (CDS) in which the reference liability is at least also a liability of a euro zone country and is not used to hedge default risks (uncovered CDS).

Moreover, BaFin prohibited uncovered short-selling transactions in the shares of the following companies(以下の会社) from the financial sector:(金融セクター)

* AAREAL BANK AG

* ALLIANZ SE(アリアンツ)

* COMMERZBANK AG(コメルツ銀行)

* DEUTSCHE BANK AG(ドイツ銀行)

* DEUTSCHE BORSE AG

* DEUTSCHE POSTBANK AG

* GENERALI Deutschland HOLDING AG

* HANNOVER RUCKVERSICHERUNG AG

* MLP AG

* MUNCHENER RUCKVERSICHERUNGS-GESELLSCHAFT AG

↑ページの先頭へ

ヘッジファンド英マンがGLGを買収

5月 18, 2010 · Posted in M&Aニュース, ファンドニュース, 全てのニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · ヘッジファンド英マンがGLGを買収 はコメントを受け付けていません。 

世界最大手のヘッジファンドの英マングループは同業のGLGパートナーズを買収すると発表した。

買収金額は16億ドル(約1478億円)。両社合計の運用資産残高は約630億ドル(約5兆8230億円)となる。

~リリースの抜粋~

The Acquisition values(買収価格) the fully diluted share capital of GLG at approximately
USD1.6 billion(16億ドル) and creates a diversified, world-leading alternative investment
manager with approximately USD63 billion(630億ドル) of funds under management

  • Acquisition of GLG Partners, Inc(”GLGパートナーズを買収”)
  • Press releaseicon_pdfマングループのリリース資料
  • Presentationicon_pdfマングループのプレゼンテーション資料

買収発表後17日のGLGの株価チャート(5日間)

glg-chart

出典;yahoo

それぞれの投資スタイル、リターングラフ

man-glg-investment

企業情報

  1. 世界最大級のイギリスのヘッジファンド。運用資産残高は391億ドル
  1. NYSEに上場。イギリスの独立系ヘッジファン ド。運用資産は237億ドル。

mangroup2log-glg

↑ページの先頭へ

韓国サムスン電子、10年設備投資計画を2兆1000億円

5月 18, 2010 · Posted in 全てのニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · 韓国サムスン電子、10年設備投資計画を2兆1000億円 はコメントを受け付けていません。 

17日、韓国のサムスン電子は2010年の研究開発費を含む設備投資計画の総額が26兆ウォン(約2兆1148億円、1ウォン=約0.08円)と過去最大に増額すると発表した。

Samsung Raises 2010 Investment Plan to Record 26 Trillion Won
(サムスンは2010年の投資計画を26兆ウォンと過去最大に増額)

以下リリース内容(英語)【翻訳

もっと読む

中国、国際収支を四半期で公表

5月 17, 2010 · Posted in 全てのニュース, 経済ニュース · 中国、国際収支を四半期で公表 はコメントを受け付けていません。 

中国国家外貨管理局は国際収支統計の公表を、いままでの半年ごとから四半期ごとに変更すると発表した。

↑ページの先頭へ

韓国保険最大手のサムスン生命が新規上場

5月 13, 2010 · Posted in IPOニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · 韓国保険最大手のサムスン生命が新規上場 はコメントを受け付けていません。 

韓国の保険最大手のサムスン生命は5月12日に韓国証券取引所に上場した。

12日はIPO価格を8.6%高く寄り付いたあと、一時9%高となり、終値は公募価格を3.6%上回る11万4000ウォンとなった。

時価総額では韓国で4位の22兆8000億ウォン。日本円換算では約1兆8500億円にもなり、日本でも今月4日に上場した第一生命(約1兆6000億円)を上回る規模となる。

↑ページの先頭へ

三井住友FG、今年11月にもNY市場に上場

5月 11, 2010 · Posted in IPOニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · 三井住友FG、今年11月にもNY市場に上場 はコメントを受け付けていません。 

NHKニュースなどによると三井住友フィナンシャルグループは、今年11月にもニューヨーク証券取引所に上場する方針と報じられた。

同社は三井住友銀行(SMBC)、三井住友カード、SMBCフレンド証券などを傘下にする持ち株会社。
現在、東証及び大証<8316>に上場しているほか、米国では店頭取引OTC(Over-the-counter trading)であるピンクシート (Pink Sheets)で<SMFJY.PK>取引されている。

同社が上場すれば三菱UFJ、みずほFGに続いて日本の3大銀行グループのニューヨーク市場上場が出そろうことになる。

↑ページの先頭へ

FXプライム、為替取引交流サイト「みんなの外為」を開始

5月 9, 2010 · Posted in FXニュース, キャンペーン情報, デリバティブニュース, ネット情報の活用, 全てのニュース, 為替・債券ニュース, 産業と企業, 金融サービス · FXプライム、為替取引交流サイト「みんなの外為」を開始 はコメントを受け付けていません。 
minna-fx1

(出典:みんなの外為)

伊藤忠商事グループのFXプライムとマスチューンはネットでの為替取引交流サイトの「みんなの外為(みんため)」を立ち上げた。

月間200万人以上が利用する人気サイト「みんなの株式」と連携し、経済指標と為替の動きやリアルタイムの為替チャート、個人投資家の予想などをコンテンツにて提供する。

主な提供コンテンツ

  • ・通貨ペアチャート
  • ・経済指標-本日の経済指標や前回為替の変動が大きかったベスト5等
  • ・ランキング-予想投票数ランキング、みんなの気持ちランキング等

伊藤忠グループのFXプライム

↑ページの先頭へ

東工取、軽油先物6日再上場

5月 9, 2010 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 東工取、軽油先物6日再上場 はコメントを受け付けていません。 

東京工業品取引所は、休止中であった軽油先物取引を6日再上場させた。

同取引所の軽油先物取引は2003年9月に上場し、2006年2月の立会休止以来、約4年ぶりの再開。

↑ページの先頭へ

誤発注か?ニューヨーク株、異常な急落、一部取り消しも

5月 7, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 株価材料, 株式ニュース, 海外株ニュース · 誤発注か?ニューヨーク株、異常な急落、一部取り消しも はコメントを受け付けていません。 

6日のニューヨーク株式市場ではわずか数10分でで600ドル以上も急落する場面があった。
この日はギリシャの信用不安からの欧州への波及懸念から売りが殺到。前日に引き続き続落となっていたが、午後2時30分前後からは異常な急落の後に急速に下げ幅を縮小。関係者からは誤発注を引き金として電子取引システムの連鎖売り注文が広がったとの見方が有力となっている。

↑ページの先頭へ

次ページへ »