S&P,日本国債をAAマイナスに格下げ

2011年1月27日

米国の格付け会社のスタンダードアンドプアーズ(S&P)は日本の国債の格付けをダブルAからダブルAマイナスへ格下げしたと発表した。

spkakuduke-110131

Ratings On Japan Lowered To ‘AA-‘; Outlook Stable

SINGAPORE (Standard & Poor’s) Jan. 27, 2011–Standard & Poor’s Ratings
Services said today that it had lowered its long-term sovereign credit ratings
on Japan to ‘AA-‘ from ‘AA’. At the same time, we affirmed the ‘A-1+’
short-term sovereign credit ratings. The outlook on the long-term rating is
stable. The transfer and convertibility (T&C) assessment remains ‘AAA’.

The downgrade reflects our appraisal that Japan’s government debt
ratios–already among the highest for rated sovereigns–will continue to rise
further than we envisaged before the global economic recession hit the country
and will peak only in the mid-2020s. Specifically, we expect general
government fiscal deficits to fall only modestly from an estimated 9.1% of GDP
in fiscal 2010 (ending March 31, 2011) to 8.0% in fiscal 2013. In the medium
term, we do not forecast the government achieving a primary balance before
2020 unless a significant fiscal consolidation program is implemented
beforehand.

Japan’s debt dynamics are further depressed by persistent deflation. Falling
prices have matched Japan’s growth in aggregate output since 1992, meaning the
size of the economy is unchanged in nominal terms. In addition, Japan’s
fast-aging population challenges both its fiscal and economic outlooks. The
nation’s total social security related expenses now make up 31% of the
government’s fiscal 2011 budget, and this ratio will rise absent reforms
beyond those enacted in 2004. An aging and shrinking labor force contributes
to our modest medium-term growth estimate of around 1%.

In our opinion, the Democratic Party of Japan-led government lacks a coherent
strategy to address these negative aspects of the country’s debt dynamics, in
part due to the coalition having lost its majority in the upper house of
parliament last summer. We think there is a low chance that the government’s
announced 2011 reviews of the nation’s social security and consumption tax
systems will lead to material improvements to the intertemporal solvency of
the state. We even see a risk that the Diet might not approve budget-related
bills for fiscal 2011, including government financing authorization. Thus,
notwithstanding the still strong domestic demand for government debt and
corresponding low real interest rates, we expect Japan’s fiscal flexibility to
diminish.

That said, the sovereign ratings on Japan are supported at the lower ‘AA-‘
level by the country’s ample net external asset position, relatively strong
financial system, and diversified economy. In addition, the yen is a key
international reserve currency.

Japan is the world’s largest net external creditor in absolute terms, with
projected net assets of an estimated 254% of current account receipts at
yearend 2010. The country’s current gold and foreign exchange reserves of over
US$1 trillion are second only to China’s. In addition, both the financial
sector and the corporate plus household sectors are external creditors.
Standard & Poor’s expects continued current account surpluses to further
enhance Japan’s net external asset position in the coming years.
The stable outlook on our ratings on Japan balance weak public finances and
anemic growth prospects with its strong external position and the flexibility
afforded by the yen’s international role. Should the government be able to
consolidate its finances and to enact measures to improve its growth
prospects–as it did in the early part of the last decade–upward pressure on
the ratings would build. Conversely, if we again mark down our fiscal
forecasts, downward pressure on the ratings could reemerge.

Ratings List

Ratings lowered

To From
Japan
Foreign currency AA-/Stable/A-1+ AA/Negative/A-1+
Local currency AA-/Stable/A-1+ AA/Negative/A-1+

大証、デリバティブの夜間取引時間を延長

1月 21, 2011 · Posted in CFDニュース, デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース, 指数ニュース, 指数先物ニュース, 株式ニュース · 大証、デリバティブの夜間取引時間を延長 はコメントを受け付けていません。 

2011.01.15

大阪証券取引所は日経平均先物取引などのデリバティブの夜間取引時間の延長をする方針だそうだ。

現在の午後23時30分の終了から午前3時まで延長する方針で、2011年7月をめどに変更する。

大証の現在の取引時間

(日中取引)9時00分~15時10分、(夜間取引)16時30分~23時30分

大証の変更の取引時間(2011年7月予定)

(日中取引)9時00分~15時10分、(夜間取引)16時30分~3時(27時)

フィデッサ流動性分断化インデックス

8月 25, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 指数先物ニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース · フィデッサ流動性分断化インデックス はコメントを受け付けていません。 

金融発注管理システムやマーケットデータなどを提供しているイギリス金融システム会社のフィデッサは株式銘柄がどのくらい幅広い取引市場で取引されているかを測る指数を従来の欧州に加え日本、米国、アジアも算出して9月中旬より公表する。

指数の名前は「フィデッサ流動性分断化インデックス(Fidessa Fragmentation Index)」。

例えば東証、大証に同時上場している銘柄でそれぞれ売買高が同じ程度であれば指数は2となる。つまり2つの市場での株価を比較して売買する必要があると判断でき、また、1であれば投資家は主要取引所での売買だけで良いと判断できる。

日本の株式市場では9割以上を東証がシェアを握るが、米国やイギリスでは私設市場が非常に多くあり、主要の取引所でのシェアは4割程度に低下している。

今後日本でも私設取引システム(PTS)が増加して指数の需要が広がると予想している。

フィデッサ流動性分断化インデックスチャート

http://fragmentation.fidessa.com/翻訳

出典:Fidessa (Fidessa Fragmentation Index)

フィデッサのホームページより抜粋

現在、トレーディング・ソリューション、注文/発注管理システム、マーケットデータ、グローバルコネクティビティーを提供しているフィデッサは、世界大手証券会社の85%により採用されています。
フィデッサ・レイテントゼロは世界最大の資産規模を持つ多数の運用会社により採用され、包括的なポートフォリオ分析、モデリング、発注管理、事前/事後取引過程のコンプライアンス管理を司るソリューションをバイサイドに提供しています。
フィデッサのグローバル・ネットワークは現在月に180万件以上のメッセージを配信、約2,400のバイサイド企業、550のブローカー、115の取引所間の電子取引フローをカバーしています。
フィデッサ・グループ plcは、1981年の創立で、現在ロンドン(本社)、サリー(英)、ニューヨーク、ボストン、東京、香港、パリ、トロント、サンフランシスコを拠点に、約1,500人の従業員を要し、1997年よりロンドン証券取引所に上場しています。(LSE:FDSA)
世界中の各拠点において900社以上の金融機関に属する26,000人以上のユーザーがフィデッサを使用しています。

・Fidessa(LSE: FDSA)

FXプライム、為替取引交流サイト「みんなの外為」を開始

5月 9, 2010 · Posted in FXニュース, キャンペーン情報, デリバティブニュース, ネット情報の活用, 全てのニュース, 為替・債券ニュース, 産業と企業, 金融サービス · FXプライム、為替取引交流サイト「みんなの外為」を開始 はコメントを受け付けていません。 
minna-fx1

(出典:みんなの外為)

伊藤忠商事グループのFXプライムとマスチューンはネットでの為替取引交流サイトの「みんなの外為(みんため)」を立ち上げた。

月間200万人以上が利用する人気サイト「みんなの株式」と連携し、経済指標と為替の動きやリアルタイムの為替チャート、個人投資家の予想などをコンテンツにて提供する。

主な提供コンテンツ

  • ・通貨ペアチャート
  • ・経済指標-本日の経済指標や前回為替の変動が大きかったベスト5等
  • ・ランキング-予想投票数ランキング、みんなの気持ちランキング等

伊藤忠グループのFXプライム

↑ページの先頭へ

東工取、軽油先物6日再上場

5月 9, 2010 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 東工取、軽油先物6日再上場 はコメントを受け付けていません。 

東京工業品取引所は、休止中であった軽油先物取引を6日再上場させた。

同取引所の軽油先物取引は2003年9月に上場し、2006年2月の立会休止以来、約4年ぶりの再開。

↑ページの先頭へ

東穀取、来年1月よりTOCOMシステムを利用

4月 29, 2010 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 東穀取、来年1月よりTOCOMシステムを利用 はコメントを受け付けていません。 

東京工業品取引所は2011年1月4日(大発会)より東京穀物商品取引所との共同利用すると発表した。システムはNASDAQ OMX社製ソフトを利用した東工取の既存システムで、清算システムや市場監視システムを共同利用する。東穀取は板寄せ方式から、自由に取引ができるザラバ方式に移行し、高速処理で売買の活性化が期待できる。

  1. 東京穀物商品取引所が東京工業品取引所システムの利用を開始

以下リリース抜粋

株式会社東京工業品取引所は、東京穀物商品取引所(以下「東穀取」)が当社システムの利用を開始する時期は2011年1月4日(大発会日)を目途とすると決定したことを発表いたします。この「システム」とは、NASDAQ OMX社製ソフトによる取引・清算システムや市場監視システム(SMARTS)を指します。今後、契約の締結に向け、当社と東穀取は諸条件の調整を行う予定です。

当社は昨年5月、NASDAQ OMX社製のパッケージソフトを国内取引所で初めて導入し、注文のレスポンス時間は10ミリ秒(100分の1秒)以内を実現し、サーキット・ブレーカー制度に対応するなど、世界最高水準の性能と国際標準の取引機能を備えたシステムを構築しました。

東穀取が当社システムを利用することにより、東穀取の市場参加者はこのような取引環境を享受することができる他、両取引所に加入している取引参加者は、取引ルールやシステムの仕様が統一されることによって、コストが削減できると期待されています。

当社は、東穀取が当社システムの利用を予定通り開始できるよう協力していきます。

↑ページの先頭へ

商品取引のアサヒトラスト、岡安商事に事業譲渡

4月 29, 2010 · Posted in M&Aニュース, デリバティブニュース, 全てのニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース, 産業と企業, 金融サービス · 商品取引のアサヒトラスト、岡安商事に事業譲渡 はコメントを受け付けていません。 

ヤマタネグループは商品先物会社のアサヒトラストを同業の岡安商事に事業譲渡すると発表した。

  1. 吸収分割及び事業譲渡に関するお知らせ[PDF](アサヒトラスト)
  1. 連結子会社の吸収分割及び事業譲渡に関するお知らせ[PDF]
  1. 商品取引受託業務の吸収分割に関するお知らせ[PDF]

↑ページの先頭へ

2008年 粗鋼生産(会社)ランキング(世界鉄鋼協会)

11月 20, 2009 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース, 産業と企業, 経済ニュース · 2008年 粗鋼生産(会社)ランキング(世界鉄鋼協会) はコメントを受け付けていません。 

Top steel producers 2008(2008年度の鉄鋼メーカー製造上位80社)

http://www.worldsteel.org/?action=storypages&id=330

2008 2007 2008 2007
Rank mmt Rank mmt Company Rank mmt Rank mmt Company
1 103.3 1 116.4 ArcelorMittal 41 6.9 40 7.4 Jiuquan Steel
2 37.5 2 35.7 Nippon Steel1 42 6.9 41 7.3 Salzgitter5
3 35.4 5 28.6 Baosteel Group 43 6.8 43 6.9 voestalpine
4 34.7 4 31.1 POSCO 44 6.5 39 7.8 Jianlong Group
5 33.3 NA 31.1 Hebei Steel Group 45 6.5 44 6.8 BlueScope
6 33.0 3 34.0 JFE 46 6.4 46 6.4 Metalloinvest
7 27.7 11 20.2 Wuhan Steel Group 47 6.4 47 6.4 Beitei Steel
8 24.4 6 26.5 Tata Steel2 48 6.1 60 5.2 Guofeng Steel
9 23.3 8 22.9 Jiangsu Shagang Group 49 6.1 51 6.1 SSAB
10 23.2 10 21.5 U.S. Steel 50 6.0 56 5.4 Erdemir
11 21.8 8 23.8 Shandong Steel Group 51 5.9 54 5.9 AK Steel
12 20.4 12 20.0 Nucor 52 5.9 52 6.1 Mechel
13 20.4 13 18.6 Gerdau 53 5.7 53 6.0 Nanjing Steel
14 19.2 15 17.3 Severstal 54 5.6 42 7.0 Ilyich
15 17.7 17 16.2 Evraz 55 5.4 61 5.0 Tonghua Steel
16 16.9 14 17.9 Riva 56 5.3 56 5.6 Xinyu Steel
17 16.0 NA 16.2 Anshan Steel 57 5.2 57 5.5 HKM6
18 15.9 16 17.0 ThyssenKrupp3 58 5.1 NA 4.5 Sanming Steel
19 15.0 18 14.2 Maanshan Steel 59 5.0 59 5.3 CSN
20 14.1 20 13.8 Sumitomo Metal Ind 60 4.7 63 4.6 HADEED
21 13.7 19 13.9 SAIL 61 4.5 68 4.4 Tianjin Tiantie Group
22 12.2 23 12.9 Shougang Group 62 4.4 72 4.0 Hebei Jinxi Group
23 12.0 21 13.3 Magnitogorsk 63 4.3 62 5.0 Steel Dynamics
24 11.3 30 9.7 Novolipetsk 64 4.3 69 4.1 Pingxiang Steel
25 11.3 26 11.1 Hunan Valin Group 65 4.3 65 4.5 Ezz Group
26 11.0 27 10.9 China Steel Corporation 66 4.0 71 4.1 Nisshin
27 10.4 22 13.1 Techint4 67 4.0 70 4.1 Tianjin Steel
28 10.0 28 10.1 IMIDRO 68 3.9 64 4.6 Zaporizhstahl
29 9.9 NA 11.6 Industrial Union of Donbass 69 3.8 NA 3.0 JSW Steel
30 9.9 29 10.0 Hyundai Steel 70 3.7 73 4.0 Lion Group
31 9.8 34 8.8 Baotou Steel 71 3.7 75 3.5 AHMSA
32 9.2 31 9.3 Taiyuan Steel 72 3.7 NA 3.0 ICDAS
33 9.0 33 9.0 Anyang Steel 73 3.6 NA 4.3 SIDOR6
34 8.2 32 9.1 Metinvest 74 3.6 78 3.5 Hangzhou Steel
35 8.2 37 8.1 Celsa 75 3.5 NA 2.7 Hebei Jingye Steel
36 8.1 38 8.1 Kobe Steel 76 3.5 77 3.5 Chongqing Steel
37 8.0 35 8.7 Usiminas 77 3.4 NA 2.7 Commercial Metals
38 7.5 45 6.6 Panzhihua Steel 78 3.4 74 3.6 Essar Steel
39 7.5 50 6.2 Rizhao Steel 79 3.4 79 3.5 Tokyo Steel
40 7.4 NA 7.6 Benxi Steel 80 3.1 NA 3.2 Vizag Steel

出所:世界鉄鋼協会(World Steel Association)

日経・東工取商品指数が来年3月上場

11月 18, 2009 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 日経・東工取商品指数が来年3月上場 はコメントを受け付けていません。 

東京工業品取引所は商品先物の総合的な値動きを示す指数指数先物を上場すると発表した。上場は10年の3月23日。むこう3年間は試験上場とする。

取引の対象は「日経・東工取商品指数」で 指数は東京工業品取引所に上場する中東産原油や金などの9品目で構成される。

09年10月20日-日経・東工取商品指数 取引要綱案(東京工業品取引所)

排出量取引市場、東証と東工取が共同出資会社を設立

10月 30, 2009 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 排出量取引市場、東証と東工取が共同出資会社を設立 はコメントを受け付けていません。 

SBIフューチャーズ、商品先物から撤退

商品先物大手のSBIフューチャーズは4月27日、7月末に商品先物事業から撤退すると発表した。売買手数料の低迷で09年3月期で3期連続の赤字を計上。今後も事業環境の改善の見込みが立たないと判断したもよう。4月末までで新規の注文を停止する。

SBIフューチャーズ(8735)株価-ヤフーファイナンス

—–(リリース)——

イー・コモディティからのお知らせ

商品取引受託業務の廃止のお知らせと取引結了のお願い
平成21年4月27日

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社は、当社が行なう商品取引受託業務について、平成21年7月31日(予定)をもって、下記の通り廃止することとなりました。
つきましては、平成21年7月24日までに反対売買を行いお取引を結了していただけますようお願い申し上げます。
お客様におかれましては、これまでのご厚情並びにご愛顧に深く感謝申し上げますとともに、ご迷惑をおかけしますこと深くお詫び申し上げます。

1. 今後のスケジュールについて
新規注文の受付終了日 :平成21年4月30日
新規建玉の最終日 :平成21年5月1日
公告日 :平成21年5月中旬(予定)
反対売買の取引最終日 :平成21年7月24日(予定)
取引資格喪失日(廃業日) :平成21年7月31日(予定)
※上記のスケジュールは今後変更することがあります。変更がある場合にはあらためてご案内申し上げます。
2. 商品市場における取引の結了の方法
当社がお客様から受託した取引につきましては、平成21年7月24日までに建玉を決済し、取引を結了していただきます。
同日の日中立会終了時点で建玉がある場合、当社は、同月31日以降の立会において、全ての建玉についてお客様の計算により反対売買を行い決済し、取引を結了いたします。
3. 商品取引受託業務に関しお客様から預託を受けた取引証拠金等の返還の方法について
商品取引受託業務廃止の公告日(平成21年5月中旬)以前におきましては、通常の手続き(お客様からの出金依頼)により返還いたします。
公告日以降廃業日以前におきましては、お客様の全ての建玉が決済され取引が結了され次第、当社より銀行振込により返還いたします。
商品取引受託業務の廃業日以降におきましては、廃業日以降、遅滞無く当社より銀行振込により返還いたします。

以上
—————————————————————

米製油所の稼働率(米エネルギー省)

2月 13, 2009 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース, 経済ニュース · 米製油所の稼働率(米エネルギー省) はコメントを受け付けていません。 

米エネルギー省が発表した米国の製油所の稼働率(2/6時点)は81.6%と前週比で1.9ポイント低下。

米製油所の稼働率(米エネルギー省)

UBSリポート-2009年の金の予想平均価格を1000ドルに引き上げ

2月 5, 2009 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · UBSリポート-2009年の金の予想平均価格を1000ドルに引き上げ はコメントを受け付けていません。 

UBSリポート-金の予想平均価格

2009年2月3日「UBSリポート-2009年の金の予想平均価格を1トロイオンスあたり700ドルから1000ドルに300ドル(43%)引き上げ」
安全資産とされる金への人気がで、金の国際価格を押し上げている。

UBS Raises 2009 Gold Price Forecast

“We estimate that (gold) investment demand will double in 2009 compared to 2007 and based on simple regression modelling, we estimate that this will drive gold to an average $1,000 a troy ounce in 2009, from $700/oz previously.”

スイス金融大手UBSのリポート。金・銀・プラチナの予想平均価格を公表しています。

UBS銀行
http://www.ubs.com/