国交省、マンションの修繕積立金の目安を発表

5月 5, 2011 · Posted in REITニュース, 不動産とその他資産 · Comment 

国土交通省は4月18日、マンションの将来の修繕のために毎月積み立てていく「修繕積立金」の目安を発表した。実態より2倍程度にあたる1㎡あたり200円前後で、改修工事時に積立金が不足している背景にある。

S&P,日本国債をAAマイナスに格下げ

2011年1月27日

米国の格付け会社のスタンダードアンドプアーズ(S&P)は日本の国債の格付けをダブルAからダブルAマイナスへ格下げしたと発表した。

spkakuduke-110131

Ratings On Japan Lowered To ‘AA-‘; Outlook Stable

SINGAPORE (Standard & Poor’s) Jan. 27, 2011–Standard & Poor’s Ratings
Services said today that it had lowered its long-term sovereign credit ratings
on Japan to ‘AA-‘ from ‘AA’. At the same time, we affirmed the ‘A-1+’
short-term sovereign credit ratings. The outlook on the long-term rating is
stable. The transfer and convertibility (T&C) assessment remains ‘AAA’.

The downgrade reflects our appraisal that Japan’s government debt
ratios–already among the highest for rated sovereigns–will continue to rise
further than we envisaged before the global economic recession hit the country
and will peak only in the mid-2020s. Specifically, we expect general
government fiscal deficits to fall only modestly from an estimated 9.1% of GDP
in fiscal 2010 (ending March 31, 2011) to 8.0% in fiscal 2013. In the medium
term, we do not forecast the government achieving a primary balance before
2020 unless a significant fiscal consolidation program is implemented
beforehand.

Japan’s debt dynamics are further depressed by persistent deflation. Falling
prices have matched Japan’s growth in aggregate output since 1992, meaning the
size of the economy is unchanged in nominal terms. In addition, Japan’s
fast-aging population challenges both its fiscal and economic outlooks. The
nation’s total social security related expenses now make up 31% of the
government’s fiscal 2011 budget, and this ratio will rise absent reforms
beyond those enacted in 2004. An aging and shrinking labor force contributes
to our modest medium-term growth estimate of around 1%.

In our opinion, the Democratic Party of Japan-led government lacks a coherent
strategy to address these negative aspects of the country’s debt dynamics, in
part due to the coalition having lost its majority in the upper house of
parliament last summer. We think there is a low chance that the government’s
announced 2011 reviews of the nation’s social security and consumption tax
systems will lead to material improvements to the intertemporal solvency of
the state. We even see a risk that the Diet might not approve budget-related
bills for fiscal 2011, including government financing authorization. Thus,
notwithstanding the still strong domestic demand for government debt and
corresponding low real interest rates, we expect Japan’s fiscal flexibility to
diminish.

That said, the sovereign ratings on Japan are supported at the lower ‘AA-‘
level by the country’s ample net external asset position, relatively strong
financial system, and diversified economy. In addition, the yen is a key
international reserve currency.

Japan is the world’s largest net external creditor in absolute terms, with
projected net assets of an estimated 254% of current account receipts at
yearend 2010. The country’s current gold and foreign exchange reserves of over
US$1 trillion are second only to China’s. In addition, both the financial
sector and the corporate plus household sectors are external creditors.
Standard & Poor’s expects continued current account surpluses to further
enhance Japan’s net external asset position in the coming years.
The stable outlook on our ratings on Japan balance weak public finances and
anemic growth prospects with its strong external position and the flexibility
afforded by the yen’s international role. Should the government be able to
consolidate its finances and to enact measures to improve its growth
prospects–as it did in the early part of the last decade–upward pressure on
the ratings would build. Conversely, if we again mark down our fiscal
forecasts, downward pressure on the ratings could reemerge.

Ratings List

Ratings lowered

To From
Japan
Foreign currency AA-/Stable/A-1+ AA/Negative/A-1+
Local currency AA-/Stable/A-1+ AA/Negative/A-1+

JQ上場、不動産投資のコマーシャル・アールイーが民事再生法の申請

5月 6, 2010 · Posted in REITニュース, 不動産とその他資産, 全てのニュース, 株式ニュース, 産業と企業 · JQ上場、不動産投資のコマーシャル・アールイーが民事再生法の申請 はコメントを受け付けていません。 

不動産資産管理(プロパティマネジメント事業)でジャスダックに上場しているコマーシャル・アールイーは、6日民事再生法の適用を申請した。負債総額は150億円。

  1. 8866CRE-ヤフーファイナンスの株価チャート
  2. 株価(8866.Q) (ロイター-個別銘柄情報・チャート)

↑ページの先頭へ

REIT,日本リテールとラサールJ合併すると発表。

10月 30, 2009 · Posted in M&Aニュース, REITニュース, ファンドニュース, 不動産とその他資産, 全てのニュース, 株式ニュース · REIT,日本リテールとラサールJ合併すると発表。 はコメントを受け付けていません。 

不動産投資信託REITの日本リテールファンド投資法人とラサールジャパン投資法人は来年3月を目処に合併すると発表。合併後の資産規模は7千億円を超えてREIT首位の日本ビルファンド投資法人に迫ることになる。

吸収合併で消滅するラサールジャパンの1口に対し、日本リテールの0.295口を割り当てる。

http://www.jrf-reit.com/upd/ir_news/pdf/0910291705311460.pdf icon_pdf-リリース記事

リンク

日本リテールファンド投資法人-ホームページ

日本リテールファンド投資法人(8953)(Yahoo!ファイナンス)-株価とチャート

ラサールジャパン投資法人-ホームページ

ラサールジャパン投資法人(8974)(Yahoo!ファイナンス)-株価とチャート

グローバル住宅価格、ドバイの下落率が最大

英不動産大手ナイト・フランク社が26日グローバル住宅価格の下落率ランキングを公表した。同社が調査した46カ国・地域のうち、ドバイが前期比で40%で最大の下落率。シンガポールは16.2%の下落率であった。

リリース 09年5月27日-Knight Frank Global House Price Index Q1 2009

住宅価格の下落率

1位:ドバイ 40%
2位:シンガポール 16.2%
3位:エストニア 9.9%
4位:ノルウェー 6.2%
5位:デンマーク 6.1%
6位:アメリカ 4.9%

n-f-jyuutaku0021
出典:Knight Frank

不動産ファンド大手パシフィック、会社更正法を申請

3月 11, 2009 · Posted in REITニュース, 不動産とその他資産, 企業の倒産等, 株価材料, 産業と企業 · 不動産ファンド大手パシフィック、会社更正法を申請 はコメントを受け付けていません。 

不動産ファンド大手のパシフィックホールディングス〈8962〉は3月10日、東京地裁に会社更生法の適用を申請したと発表した。負債総額は1940億円。東証は同日、パシフィック株を4月11日付けで上場廃止にすると発表。

同社は不動産投資信託(REIT)2社の母体となっており、新たなスポンサー探しが難航すればREIT市場の不安感が広がる可能性がある。

上場REITは日本コマーシャル投資法人〈3229〉と日本レジデンシャル投資法人〈8962〉。両社はパシフィックに代わる母体企業探しを迫られることになりそうだ。

09年1月の米住宅着工件数は前月比16.8%減少

2月 19, 2009 · Posted in REITニュース, 不動産とその他資産, 全てのニュース, 経済ニュース · 09年1月の米住宅着工件数は前月比16.8%減少 はコメントを受け付けていません。 

米商務省が2月18日に発表した1月の住宅着工件数は季節調整済みの年率で46万6千戸(前月比16.8%減)となった。
先行指標とされる許可件数も前月比で4.8%減の52万1千戸。

今後も米国の不動産指標の底打ち時期が注目される。

米住宅着工/許可件数(米商務省)

1月の米住宅着工件数
Table 3. New Privately-Owned Housing Units Started[PDF]
1月の許可件数
Table 1. New Privately-Owned Housing Units Authorized[PDF]

不動産REITの産業ファンド投資法人は劣後債を発行。

2月 18, 2009 · Posted in REITニュース, エクイティファイナンス情報, 不動産とその他資産, 全てのニュース · 不動産REITの産業ファンド投資法人は劣後債を発行。 はコメントを受け付けていません。 

不動産投資信託(REIT)を運営する産業ファンド投資法人は自己資本に近い性格を持つ劣後債を80億円発行すると発表。引受先は三菱商事の予定で、REITの劣後債発行は始めて。

第1回無担保投資法人債(劣後特約付及び適格機関投資家限定)の発行に関するお知らせ

劣後債は一般の社債よりも債務返済の順位が劣る社債のこといい、債務の順位としては、(債務)担保付き債券→債券→劣後債→永久劣後債→優先株→普通株(資本)となり、劣後債はより資本に近い位置付けとなる。

金融機関は今回の劣後債を有利子負債と見なさない見通しで、財務体質の改善につながるとされます。

REITは事業会社と違って優先株や転換社債(CB)を発行できず、資本調達が公募増資などに限られていたが、相場の下落局面においては1株当りの希薄化につながるため発行がしづらくなっている。