国連推計、10月末に世界人口は70億人突破する見通し

国連が5月3日に公表した、世界人口推計2010年改定版」によると、世界人口は今年10月末に70億人を突破する見通しになった。また2083年には100億人になると予測している。

http://esa.un.org/unpd/wpp/index.htm

http://www.stat.go.jp/data/sekai/02.htm#h2-01

viewimg

出典:国連人口基金

S&P,日本国債をAAマイナスに格下げ

2011年1月27日

米国の格付け会社のスタンダードアンドプアーズ(S&P)は日本の国債の格付けをダブルAからダブルAマイナスへ格下げしたと発表した。

spkakuduke-110131

Ratings On Japan Lowered To ‘AA-‘; Outlook Stable

SINGAPORE (Standard & Poor’s) Jan. 27, 2011–Standard & Poor’s Ratings
Services said today that it had lowered its long-term sovereign credit ratings
on Japan to ‘AA-‘ from ‘AA’. At the same time, we affirmed the ‘A-1+’
short-term sovereign credit ratings. The outlook on the long-term rating is
stable. The transfer and convertibility (T&C) assessment remains ‘AAA’.

The downgrade reflects our appraisal that Japan’s government debt
ratios–already among the highest for rated sovereigns–will continue to rise
further than we envisaged before the global economic recession hit the country
and will peak only in the mid-2020s. Specifically, we expect general
government fiscal deficits to fall only modestly from an estimated 9.1% of GDP
in fiscal 2010 (ending March 31, 2011) to 8.0% in fiscal 2013. In the medium
term, we do not forecast the government achieving a primary balance before
2020 unless a significant fiscal consolidation program is implemented
beforehand.

Japan’s debt dynamics are further depressed by persistent deflation. Falling
prices have matched Japan’s growth in aggregate output since 1992, meaning the
size of the economy is unchanged in nominal terms. In addition, Japan’s
fast-aging population challenges both its fiscal and economic outlooks. The
nation’s total social security related expenses now make up 31% of the
government’s fiscal 2011 budget, and this ratio will rise absent reforms
beyond those enacted in 2004. An aging and shrinking labor force contributes
to our modest medium-term growth estimate of around 1%.

In our opinion, the Democratic Party of Japan-led government lacks a coherent
strategy to address these negative aspects of the country’s debt dynamics, in
part due to the coalition having lost its majority in the upper house of
parliament last summer. We think there is a low chance that the government’s
announced 2011 reviews of the nation’s social security and consumption tax
systems will lead to material improvements to the intertemporal solvency of
the state. We even see a risk that the Diet might not approve budget-related
bills for fiscal 2011, including government financing authorization. Thus,
notwithstanding the still strong domestic demand for government debt and
corresponding low real interest rates, we expect Japan’s fiscal flexibility to
diminish.

That said, the sovereign ratings on Japan are supported at the lower ‘AA-‘
level by the country’s ample net external asset position, relatively strong
financial system, and diversified economy. In addition, the yen is a key
international reserve currency.

Japan is the world’s largest net external creditor in absolute terms, with
projected net assets of an estimated 254% of current account receipts at
yearend 2010. The country’s current gold and foreign exchange reserves of over
US$1 trillion are second only to China’s. In addition, both the financial
sector and the corporate plus household sectors are external creditors.
Standard & Poor’s expects continued current account surpluses to further
enhance Japan’s net external asset position in the coming years.
The stable outlook on our ratings on Japan balance weak public finances and
anemic growth prospects with its strong external position and the flexibility
afforded by the yen’s international role. Should the government be able to
consolidate its finances and to enact measures to improve its growth
prospects–as it did in the early part of the last decade–upward pressure on
the ratings would build. Conversely, if we again mark down our fiscal
forecasts, downward pressure on the ratings could reemerge.

Ratings List

Ratings lowered

To From
Japan
Foreign currency AA-/Stable/A-1+ AA/Negative/A-1+
Local currency AA-/Stable/A-1+ AA/Negative/A-1+

ラオス証取(LSX)が発足、取引開始

1月 21, 2011 · Posted in ファンドニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 指数ニュース, 株式ニュース, 経済ニュース · ラオス証取(LSX)が発足、取引開始 はコメントを受け付けていません。 

2011.01.11
世界一小さな株式市場のラオス証券取引所が発足して取引開始となった。
人口632万人のラオスの初めての証券取引所で、上場はラオス外商銀行と水力発電のEDL-Genの2銘柄。

1月11日午前11時にソムサワット副首相が鳴らした銅鑼の音とともに電光掲示板に初値が表示された。

  • ラオス証券取引所(LSX:Lao Securities Exchange)-ラオス証券取引所は2010年10月にラオス中央銀行と韓国取引所が出資して設立された。

大証、デリバティブの夜間取引時間を延長

1月 21, 2011 · Posted in CFDニュース, デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース, 指数ニュース, 指数先物ニュース, 株式ニュース · 大証、デリバティブの夜間取引時間を延長 はコメントを受け付けていません。 

2011.01.15

大阪証券取引所は日経平均先物取引などのデリバティブの夜間取引時間の延長をする方針だそうだ。

現在の午後23時30分の終了から午前3時まで延長する方針で、2011年7月をめどに変更する。

大証の現在の取引時間

(日中取引)9時00分~15時10分、(夜間取引)16時30分~23時30分

大証の変更の取引時間(2011年7月予定)

(日中取引)9時00分~15時10分、(夜間取引)16時30分~3時(27時)

日経配当指数、4月から算出開始

3月 22, 2010 · Posted in 全てのニュース, 指数ニュース, 株主優待・配当ニュース, 株式ニュース · 日経配当指数、4月から算出開始 はコメントを受け付けていません。 

日本経済新聞社は4月から日経平均株価の構成する銘柄の配当額を累積して指数化した「日経平均配当指数」を算出すると発表した。

日経平均株価を構成する225銘柄を全て1月から12月まで保有した場合に、受け取る権利が発生する配当額を累積して指数化したもの。

指数名-日経平均配当指数
英名-Nikkei Stock Average Dividend Point Index
算出-日本経済新聞社
リリース-http://www.nikkei.co.jp/nkave/news/20100318dgc1800q18.html

↑ページの先頭へ

金融取、7月よりマークイット社のCDS参考値を掲載

7月 28, 2009 · Posted in ネット情報の活用, 全てのニュース, 指数ニュース, 為替・債券ニュース · 金融取、7月よりマークイット社のCDS参考値を掲載 はコメントを受け付けていません。 

東京金融取引所は7月よりマークイット社のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)参考値を公表する。
日本企業50社で構成されるCDS価格指標のマークイット・アイトラックス・ジャパン指数(Markit iTraxx Japan)と構成銘柄のCDS価格とグラフを掲載する。

http://www.tfx.co.jp/newsfile/pdf/info20090727.pdf

平成21年7月27日Markit iTraxx Japanインデックス価格情報の掲載について

株式会社東京金融取引所(金融取)は、平成21年7月27日より、Markit iTraxx Japanインデックスの価格情報を当社J-CDSサイト(http://www.j-cds.com/jp/markit_itraxx.html)に掲載いたします。
金融取は、かねてよりクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)参考値を公表する等、日本のクレジット市場の発展に向けた対応を行ってきました。 今般、クレジット市場のベンチマーク指数であるMarkit iTraxx Japanインデックスの価格情報を掲載することにより、クレジット市場の動向をより円滑に把握することが可能になるものと期待しております。
金融取は今後も、金融デリバティブの総合取引所として、日本の金融市場の発展に向けた取組みを行ってまいります。

Markit iTraxx Japan インデックスについて
Markit iTraxx Japan インデックスは、マークイット・グループ・リミテッドが算出するインデックスです。同インデックスは、投資適格格付を有する日本国内企業50社のCDS価格を指標化したもので、市場流動性も高くCDS市場参加者から高く注目されています。
マークイットグループについて
マークイットは、ヨーロッパ、北アメリカおよびアジア太平洋で1,200人を超える従業員を持つ金融情報サービス会社です。投資銀行、ヘッジファンド、アセットマネージャー、ファンド・アドミニストレータ及びカストディアン、中央銀行、金融当局及び格付機関を含め、1,500以上の金融機関が、時価評価、リスク管理、業務効率化及び当局規制の要件に応えるために、サービスを利用しています。 詳細は、www.markit.comをご参照下さい。

↑ページの先頭へ