上海に鉄鉱石鉱山の権益取引所開設

世界最大の粗鋼生産量の中国で、世界の鉱山権益を扱う「上海聯合鉱権取引所」と、鉄鋼原料や製品の鉄鋼現物を扱う「上海聯合鋼鉄取引所」が同時発足した。

ラオス証取(LSX)が発足、取引開始

1月 21, 2011 · Posted in ファンドニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 指数ニュース, 株式ニュース, 経済ニュース · ラオス証取(LSX)が発足、取引開始 はコメントを受け付けていません。 

2011.01.11
世界一小さな株式市場のラオス証券取引所が発足して取引開始となった。
人口632万人のラオスの初めての証券取引所で、上場はラオス外商銀行と水力発電のEDL-Genの2銘柄。

1月11日午前11時にソムサワット副首相が鳴らした銅鑼の音とともに電光掲示板に初値が表示された。

  • ラオス証券取引所(LSX:Lao Securities Exchange)-ラオス証券取引所は2010年10月にラオス中央銀行と韓国取引所が出資して設立された。

大証、デリバティブの夜間取引時間を延長

1月 21, 2011 · Posted in CFDニュース, デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース, 指数ニュース, 指数先物ニュース, 株式ニュース · 大証、デリバティブの夜間取引時間を延長 はコメントを受け付けていません。 

2011.01.15

大阪証券取引所は日経平均先物取引などのデリバティブの夜間取引時間の延長をする方針だそうだ。

現在の午後23時30分の終了から午前3時まで延長する方針で、2011年7月をめどに変更する。

大証の現在の取引時間

(日中取引)9時00分~15時10分、(夜間取引)16時30分~23時30分

大証の変更の取引時間(2011年7月予定)

(日中取引)9時00分~15時10分、(夜間取引)16時30分~3時(27時)

シンガポール取引所、3月より昼休み撤廃する方針

1月 19, 2011 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 株式ニュース · シンガポール取引所、3月より昼休み撤廃する方針 はコメントを受け付けていません。 

2011年1月18日

シンガポール取引所(SGX)は3月1日より株式取引の昼休みを撤廃する方針と明らかにした。現在、午後12時30分(日本時間:13時30分)からの90分の昼休みを無くして、午前9時から午後17時まで中断なしで取引できるようになる。

韓国やインド、オーストラリアなどの取引所で既に昼休みが撤廃されており、東証でも昼休み時間の短縮を計画している。

Singapore Exchange to launch new trading engine in Aug
Singapore Exchange (SGX) , Asia’s second-largest listed bourse operator, said on Wednesday it will launch the world’s fastest trading engine, called SGX Reach, on Aug 15 as it tries to compete with rivals.

SGX said last year that it would invest S$250 million ($195 million) for the new trading infrastructure that will enable overseas customers to trade through the bourse at a lower cost.

“In addition to its benchmarked order response time of 90 microseconds ‘door-to-door’, Reach can handle 1 million order book changes per second per partition, 100 times the capacity of the existing engine,” SGX said in a statement.

SGX on Tuesday reported a 14 percent rise in its October-December profit, missing expectations, and said it was on track to complete a $7.8 billion takeover of Australian bourse operator ASX . ($1 = 1.283 Singapore Dollars) (Reporting by Harry Suhartono; Editing by Dhara Ranasinghe)

フィデッサ流動性分断化インデックス

8月 25, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 指数先物ニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース · フィデッサ流動性分断化インデックス はコメントを受け付けていません。 

金融発注管理システムやマーケットデータなどを提供しているイギリス金融システム会社のフィデッサは株式銘柄がどのくらい幅広い取引市場で取引されているかを測る指数を従来の欧州に加え日本、米国、アジアも算出して9月中旬より公表する。

指数の名前は「フィデッサ流動性分断化インデックス(Fidessa Fragmentation Index)」。

例えば東証、大証に同時上場している銘柄でそれぞれ売買高が同じ程度であれば指数は2となる。つまり2つの市場での株価を比較して売買する必要があると判断でき、また、1であれば投資家は主要取引所での売買だけで良いと判断できる。

日本の株式市場では9割以上を東証がシェアを握るが、米国やイギリスでは私設市場が非常に多くあり、主要の取引所でのシェアは4割程度に低下している。

今後日本でも私設取引システム(PTS)が増加して指数の需要が広がると予想している。

フィデッサ流動性分断化インデックスチャート

http://fragmentation.fidessa.com/翻訳

出典:Fidessa (Fidessa Fragmentation Index)

フィデッサのホームページより抜粋

現在、トレーディング・ソリューション、注文/発注管理システム、マーケットデータ、グローバルコネクティビティーを提供しているフィデッサは、世界大手証券会社の85%により採用されています。
フィデッサ・レイテントゼロは世界最大の資産規模を持つ多数の運用会社により採用され、包括的なポートフォリオ分析、モデリング、発注管理、事前/事後取引過程のコンプライアンス管理を司るソリューションをバイサイドに提供しています。
フィデッサのグローバル・ネットワークは現在月に180万件以上のメッセージを配信、約2,400のバイサイド企業、550のブローカー、115の取引所間の電子取引フローをカバーしています。
フィデッサ・グループ plcは、1981年の創立で、現在ロンドン(本社)、サリー(英)、ニューヨーク、ボストン、東京、香港、パリ、トロント、サンフランシスコを拠点に、約1,500人の従業員を要し、1997年よりロンドン証券取引所に上場しています。(LSE:FDSA)
世界中の各拠点において900社以上の金融機関に属する26,000人以上のユーザーがフィデッサを使用しています。

・Fidessa(LSE: FDSA)

韓国保険最大手のサムスン生命が新規上場

5月 13, 2010 · Posted in IPOニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · 韓国保険最大手のサムスン生命が新規上場 はコメントを受け付けていません。 

韓国の保険最大手のサムスン生命は5月12日に韓国証券取引所に上場した。

12日はIPO価格を8.6%高く寄り付いたあと、一時9%高となり、終値は公募価格を3.6%上回る11万4000ウォンとなった。

時価総額では韓国で4位の22兆8000億ウォン。日本円換算では約1兆8500億円にもなり、日本でも今月4日に上場した第一生命(約1兆6000億円)を上回る規模となる。

↑ページの先頭へ

三井住友FG、今年11月にもNY市場に上場

5月 11, 2010 · Posted in IPOニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · 三井住友FG、今年11月にもNY市場に上場 はコメントを受け付けていません。 

NHKニュースなどによると三井住友フィナンシャルグループは、今年11月にもニューヨーク証券取引所に上場する方針と報じられた。

同社は三井住友銀行(SMBC)、三井住友カード、SMBCフレンド証券などを傘下にする持ち株会社。
現在、東証及び大証<8316>に上場しているほか、米国では店頭取引OTC(Over-the-counter trading)であるピンクシート (Pink Sheets)で<SMFJY.PK>取引されている。

同社が上場すれば三菱UFJ、みずほFGに続いて日本の3大銀行グループのニューヨーク市場上場が出そろうことになる。

↑ページの先頭へ

東工取、軽油先物6日再上場

5月 9, 2010 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 東工取、軽油先物6日再上場 はコメントを受け付けていません。 

東京工業品取引所は、休止中であった軽油先物取引を6日再上場させた。

同取引所の軽油先物取引は2003年9月に上場し、2006年2月の立会休止以来、約4年ぶりの再開。

↑ページの先頭へ

誤発注か?ニューヨーク株、異常な急落、一部取り消しも

5月 7, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 株価材料, 株式ニュース, 海外株ニュース · 誤発注か?ニューヨーク株、異常な急落、一部取り消しも はコメントを受け付けていません。 

6日のニューヨーク株式市場ではわずか数10分でで600ドル以上も急落する場面があった。
この日はギリシャの信用不安からの欧州への波及懸念から売りが殺到。前日に引き続き続落となっていたが、午後2時30分前後からは異常な急落の後に急速に下げ幅を縮小。関係者からは誤発注を引き金として電子取引システムの連鎖売り注文が広がったとの見方が有力となっている。

↑ページの先頭へ

東穀取、来年1月よりTOCOMシステムを利用

4月 29, 2010 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 東穀取、来年1月よりTOCOMシステムを利用 はコメントを受け付けていません。 

東京工業品取引所は2011年1月4日(大発会)より東京穀物商品取引所との共同利用すると発表した。システムはNASDAQ OMX社製ソフトを利用した東工取の既存システムで、清算システムや市場監視システムを共同利用する。東穀取は板寄せ方式から、自由に取引ができるザラバ方式に移行し、高速処理で売買の活性化が期待できる。

  1. 東京穀物商品取引所が東京工業品取引所システムの利用を開始

以下リリース抜粋

株式会社東京工業品取引所は、東京穀物商品取引所(以下「東穀取」)が当社システムの利用を開始する時期は2011年1月4日(大発会日)を目途とすると決定したことを発表いたします。この「システム」とは、NASDAQ OMX社製ソフトによる取引・清算システムや市場監視システム(SMARTS)を指します。今後、契約の締結に向け、当社と東穀取は諸条件の調整を行う予定です。

当社は昨年5月、NASDAQ OMX社製のパッケージソフトを国内取引所で初めて導入し、注文のレスポンス時間は10ミリ秒(100分の1秒)以内を実現し、サーキット・ブレーカー制度に対応するなど、世界最高水準の性能と国際標準の取引機能を備えたシステムを構築しました。

東穀取が当社システムを利用することにより、東穀取の市場参加者はこのような取引環境を享受することができる他、両取引所に加入している取引参加者は、取引ルールやシステムの仕様が統一されることによって、コストが削減できると期待されています。

当社は、東穀取が当社システムの利用を予定通り開始できるよう協力していきます。

↑ページの先頭へ

東証、上場企業の株主総会の招集通知を6月から公開

4月 24, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 株主優待・配当ニュース, 株式ニュース, 産業と企業 · 東証、上場企業の株主総会の招集通知を6月から公開 はコメントを受け付けていません。 

東京証券取引所などの証券取引所は3月期の決算企業から株主総会の招集通知をホームページ上で公開する。

上場企業の株主総会の議決権の行使結果においては、金融庁が2010年3月期から公表するように義務付けており、今後は株主総会の透明性が高まる期待がある。

3月期決算の企業においては、株主総会が6月下旬に開催し、その2週間前までに招集通知を発送している。今後、取引所は株主の発送前に届けるように義務付けて、ホームページ上で公開することになる。

高配当に “東証配当フォーカス100指数”の算出開始

3月 13, 2010 · Posted in 取引所ニュース, 株式ニュース · 高配当に “東証配当フォーカス100指数”の算出開始 はコメントを受け付けていません。 

2010/03/13

東京証券取引所が3月8日より、配当利回りに着目した新指数の”東証配当フォーカス100指数”の算出を開始した。配当利回りの高い100銘柄の指数で、現在の構成銘柄の予想配当利回りは2.92%。医薬品や電力、金融のほか、不動産投資信託(REIT)の比率が1割と多いのが特徴。

東証配当フォーカス100指数”の銘柄選定方法及び情報提供について(東証ニュース)

東証、株式の権利付最終売買日が3営業日前に変更

2月 24, 2010 · Posted in TOBニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 株主優待・配当ニュース, 株式ニュース · 東証、株式の権利付最終売買日が3営業日前に変更 はコメントを受け付けていません。 

東証は今年の2月に5日目決済の廃止をリリースしているが、21年11月16日が実施となるので注意をされたい。

実施されると株式の権利付最終日は基準日の3営業日前の日となる(現行は基準日の4営業日前の日)。株主優待や配当などを狙う人は現行より権利付最終日、権利落日がそれぞれ1日後倒しとなるので注意が必要だ。

例えば11月末の株主優待を取るときは11月25日が権利付き最終日(最終売買日)となる。
11月26日が権利落ち日-その日に売却しても権利が確定する。
11月30日は基準日

株券等の5日目決済及び期間売買停止の廃止について(2009/2/24)(東証)

希少金属のモリブデン、コバルト、LME上場

2月 18, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 希少金属のモリブデン、コバルト、LME上場 はコメントを受け付けていません。 

2009/02/18

レアメタル(希少金属)のモリブデン「Molybdenum」とコバルト「Cobalt」がロンドン金属取引所(LME)に22日上場する。現在までは相対取引により欧州専門誌が公表するものしかなかったが、需要が高まるレアメタルが欧州最大の金属取引所に上場することでヘッジ取引が可能となり、取引価格の透明性が高くなる。しかし、投機マネーにより相場が乱高下する懸念が高い。

MINOR METALS(LME)-【翻訳】ロンドン金属取引所のレアメタル契約仕様

東工取商品指数の愛称を「TOCOM NEXT」に決定

2月 17, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 東工取商品指数の愛称を「TOCOM NEXT」に決定 はコメントを受け付けていません。 

東京工業品取引所は2010年3月23日に開設する商品指数市場の名称を「TOCOM NEXT」(トコムコクスト)にすると発表した。

clip_image002

以下リリース抜粋

http://www.tocom.or.jp/jp/20100216b.html

株式会社東京工業品取引所は、2010年3月23日の開設を予定している日経・東工取商品指数市場の愛称とロゴを決定しました。

日経・東工取商品指数市場の愛称は「TOCOM NEXT」(トコムネクスト)で「TOCOM」は東京工業品取引所の英文表記であるTokyo Commodity Exchange, Inc.からとった略称で、「NEXT」は当指数市場が当社商品の次世代ラインナップの中核となることや、既存の投資商品にはない新しい投資環境を提供するという意味を込めています。

TOCOM NEXTは、エネルギーや貴金属などコモディティの価格水準を指数化した日経・東工取商品指数を取引の対象とし、コモディティ投資の効果を手軽に得ることができるような商品設計となっています。コモディティ投資への関心が高まる中、TOCOM NEXTが当社を代表する市場の一つとなるよう努めてまいります。
(TOCOM NEXTは経済産業大臣の認可後に開設予定です。)

日経・東工取商品指数とは?(東工取)

↑ページの先頭へ

排出量取引市場、東証と東工取が共同出資会社を設立

10月 30, 2009 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 排出量取引市場、東証と東工取が共同出資会社を設立 はコメントを受け付けていません。 

ジャスダック、ジャルコのMSCB発行で注意喚起

3月 5, 2009 · Posted in エクイティファイナンス情報, 全てのニュース, 取引所ニュース, 株価材料 · ジャスダック、ジャルコのMSCB発行で注意喚起 はコメントを受け付けていません。 

ジャスダックはジャルコが2日に決議したMSCB(株価によって条件が変わる転換社債)発行について、既存株主の持分が大幅に希薄化する可能性があるため、同社に対して転換行使を制限するように勧告したが、勧告を無視したため投資家に注意を喚起した。
1)上場株式の10%を超える部分について、新株予約権の行使ができないようにする措置ない
2)行使価格が下方にのみ修正される設定となっている
3)下限行使価格の1円で権利行使された場合、希薄化の割合が1700%を超え、既存株主の権利などへの配慮に著しく欠ける。

無担保転換社債型新株予約権付社債発行に関するお知らせ(MSCBの発行)[PDFファイル]

ジャルコのチャート(ヤフーファイナンス)