大型原油タンカー(VLCC)のスポット運賃

スポット運賃の指標(アジア)worldscale rate

ワールドスケール協会(WorldscaleAssociation)が制定しているタンカー運賃の指標。ワールドスケールのWSは、1トン当たりの運賃指標で毎年1月に更新される。燃料費や港費を考慮して航路ごとに決められており、
運賃率は、名目運賃率のパーセンテージによって表示される。(WS=100が基準運賃で60は基準運賃の60%の意味。)

日本の石油会社は必要なタンカーの多くを長期で契約しており、運賃も数年単位で固定されている場合も多いが、スポット契約という形態をとることもある。このスポット契約の運賃にワールドスケールという世界統一基準が用いられる。

情報: 大型原油タンカー(VLCC)のスポット運賃??? 中東―極東間の運賃指数
データ名: Worldwide Tanker Nominal Freight Scale
公表: ワールドスケール協会(WS)WorldscaleAssociation Ltd
予定:
リリース: http://www.worldscale.co.uk/
  • ・VLCC(Very Large Crude Oil Carrier):原油大型タンカー20万~30万重量トン級

↑ページの先頭へ

関連情報のサイト


↑ページの先頭へ