大証SPANパラメーター

SPANパラメーターとは

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が1988年に開発した証拠金の計算方法・システムで、Standard Portfolio Analysis  of Riskの略称です。世界主要各国の先物・オプション取引所で採用されているグローバル・スタンダードのシステムです。大阪証券取引所は平成12 年10月、CMEとライセンス契約を結び導入いたしました。SPANRは保有するポジションのリスクを相殺して証拠金を計算するシステムです。