財務省、財政投融資の実績額を4月より公表

5月 24, 2010 · Posted in 全てのニュース, 為替・債券ニュース, 経済ニュース · 財務省、財政投融資の実績額を4月より公表 はコメントを受け付けていません。 

財務省は財政投融資の実績額を月次で公表を開始した。

2010年4月の財政投融資の実績は6217億円。内訳では中小企業向けの日本政策金融公庫への貸し付けは2098億円であった。

財政投融資とは中小企業支援、病院や福祉施設の建設整備、資源の獲得といった政策を実現するために、政府系金融機関を中心とする特殊法人などに公的な資金 を投融資する国の制度。毎年度予算編成とともに財投計画を作成する。

zaiseitouyuusio1-100524

zaiseitouyuusio2-100524

証取委、競馬ファンドのエプソム愛馬会を行政処分勧告

5月 23, 2010 · Posted in ファンドニュース, 不動産とその他資産, 産業と企業 · 証取委、競馬ファンドのエプソム愛馬会を行政処分勧告 はコメントを受け付けていません。 

証券取引等監視委員会は5月21日、競馬ファンドを運営するエプソム愛馬会とジャパンホースマンクラブを金融庁に行政処分勧告をしたと発表した。

ファンドの資産を分けて管理をしていなかったほか、投資家へ支払うべく配当金を自社の借入金の返済に回すなどの管理をしていた。

以下勧告についての抜粋

平成22年5月21日

証券取引等監視委員会

1.勧告の内容

株式会社エプソム愛馬会、資本金41百万円、役職員4名、第二種金融商品取引業登録)及び株式会社ジャパンホースマンクラブ、資本金27百万円、役職員4名、第二種金融商品取引業登録)を検査した結果、下記のとおり、これらの金融商品取引業者に係る法令違反等の事実が認められたので、本日、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、金融庁設置法第20条第1項の規定に基づき、行政処分を行うよう勧告した。

2.事実関係

株式会社エプソム愛馬会(以下「愛馬会」という。)及び株式会社ジャパンホースマンクラブ(以下「JH社」という。二社を併せて「両社」という。)は、愛馬会が競走用馬を取得し、当該競走用馬への出資を投資者から募り、当該競走用馬をJH社に現物出資する。JH社は、JH社の名において競馬に出走させて賞金等を獲得、獲得した賞金等を愛馬会へ配当し、愛馬会が、出資の拠出口数に応じて出資者(以下「会員」という。)に分配するとした匿名組合契約(以下「ファンド」という。)を一体で運営している。
o

(1) 分別管理が確保されていない状況で私募を行う行為

両社は、出資金の分別管理の確保のために、定款等により分別管理に関する規定を設けていない。

また、愛馬会は、愛馬会の収益である入会金等とファンドの財産である維持費出資金を同一の口座において混在させているなど、愛馬会固有の財産とファンドの財産の分別した管理が確保されていない状況で、ファンドの持分の私募を行っている。

上記(1)のとおり、両社が行った行為は、金融商品取引法(以下「金商法」という。)第40条の3に違反するものと認められる。
o

(2) 契約締結前交付書面等の記載内容とは異なる業務運営の状況
+

① 賞金管理の不備

JH社取締役兼愛馬会統括部長(以下「JH社取締役」という。)は、JH社代表取締役社長兼愛馬会取締役(以下「JH社社長」という。)の指示により、JH社の賞金等受取口座から金銭を出金し、直接、又はJH社社長の個人口座を経由し、両社の金融機関からの借入金の返済、維持費出資金で支払うべき厩舎、牧場等への支払い、両社に対するJH社社長個人からの借入金の返済などに充当されていた。

愛馬会自身も会員であることから、上記の出金が、愛馬会自身が受取るべき分配分であったとしても、各々の出金は、分配金の支払時期とは関係なく、また、出金の都度、愛馬会自身の分配金を計算した形跡もなく、出金時期、出金額とも「賞金等を出金する理由」としては具体的な根拠がない。

加えて、JH社社長個人からの借入金については、同社長個人との間の消費貸借契約書等が存在せず、借入金額、借入金利、返済金額、返済時期が不明であり、JH社取締役によるJH社の賞金等受取口座からの出金は具体的理由のある出金とは認められない状況にある。

賞金等は「契約締結前(時)交付書面」(以下「交付書面」という。)の定めのとおり、分配の時期までは金融機関等で適切に管理され、愛馬会は、会員として分配を受けた後、自らの借入金の返済等の支払いに充当すべきであり、JH社は、交付書面において規定されたとおりに賞金等の管理を行っているとは認められず、賞金等の管理に不備があると認められる。
+

② 維持費出資金の目的外使用及び厩舎等への預託料の滞納

愛馬会は、競走用馬の飼養管理に要する費用として、会員から「維持費出資金」を受領しているが、会員から入金された維持費出資金が顧客への分配金、借入金の返済及び両社の会社経費に充当されていた。

このように、維持費出資金が目的外に使用されている一方で、愛馬会は、平成22年2月10日現在、ファンドに係る費用の厩舎等への支払いを滞納した状態にあり、これにより、厩舎等の管理委託先において、ファンド資産である競走用馬の維持管理に支障が生じ、その結果、投資者の利益を害するおそれがあると認められる。
+

③ 交付書面の説明とは異なる維持費出資金の受領

愛馬会は、維持費出資金について、交付書面において「会員は、入会時期にかかわらず、出資対象となった競走用馬の1歳11月分以降の維持管理費を維持費出資金の形で負担する義務がある」旨の説明を行っている。

しかしながら、愛馬会は、多数の競走用馬について、1歳11月分より前の維持管理費を受領している事例が認められており、愛馬会は、交付書面等による説明とは異なる維持費出資金を会員から受領している状況が認められた。
+

④ 競走用馬の無償譲渡

JH社は、中央競馬での賞金等の獲得が困難と判断した競走用馬について、ファンドの終了に際し、当該競走用馬を地方競馬の馬主資格を持つJH社取締役に対して、実際には適正な評価をすることなく、一律に「無償」で譲渡している。

譲渡の対象となった競走用馬はファンドの財産であることを考慮すると、公正な評価に基づく適正な価格で売却し、売却代金は、当該ファンドの会員に分配すべきものであると考えられるが、JH社は、その価値を検討することなく全て一律無償で譲渡している状況が認められた。
o

(3) 法令遵守態勢の欠如

両社は、平成21年10月13日を検査基準日とした関東財務局の検査において、直ちに検査に応じなければならないところ、検査官の入室を拒み、無予告検査への抗議を繰り返すなど、直ちに検査に応じず、検査の受忍義務に悖る対応を行った。

当該行為は、両社が顧問税理士の指南を鵜呑みにしたことが原因であったとしているが、両社は、金融商品取引業者として、直ちに検査に応じなければならないという検査の受忍義務など遵守すべき法令を自ら正しく認識し、その遵守に努めるべきところ、これを怠っており、両社においては、法令遵守態勢が根本的に欠如している。

上記(2)及び(3)のとおり、両社の業務の運営の状況は、金商法第51条に規定する「金融商品取引業者の業務の運営又は財産の状況に関し、投資者保護のため必要な改善を図る必要がある業務の状況」にあると認められる。

↑ページの先頭へ

↑ページの先頭へ

(FDIC)問題金融機関リスト、775行と73行増加

5月 22, 2010 · Posted in 全てのニュース, 海外株ニュース, 産業と企業, 経済ニュース · (FDIC)問題金融機関リスト、775行と73行増加 はコメントを受け付けていません。 

米連邦預金保険公社(FDIC)は5月20日、経営に問題があると判断した金融機関は3月末時点で775行あり、昨年12月末の702行から増加したと発表した。

FDIC-Insured Institutions Earned $18 Billion in the First Quarter of 2010翻訳

リリース抜粋(FDIC)

The number of institutions on the FDIC’s “Problem List”(FDICが問題とした金融機関リスト rose to 775, up from 702 at the end of 2009(09年末の702行から775行に上昇. In addition, the total assets of “problem” institutions increased during the quarter from $403 billion to $431 billion(問題行金融機関全体の金融総資産は4312億ドルに増加. These levels are the highest since June 30, 1993(1993年6月30日以来の多さ, when the number and assets of “problem” institutions totaled 793 and $467 billion, respectively, but the increase in the number of problem banks was the smallest in four quarters. Forty-one institutions failed during the first quarter. Chairman Bair noted that the vast majority of “problem” institutions do not fail.

↑ページの先頭へ

2010年世界競争力年鑑、日本17位に上昇。

5月 20, 2010 · Posted in 全てのニュース, 産業と企業, 経済ニュース · 2010年世界競争力年鑑、日本17位に上昇。 はコメントを受け付けていません。 

スイスのビジネススクールの経営開発国際研究所(IMD:International Institute for Management Development)が公表した2010年世界競争力年鑑が公表された。1位はシンガポール、2位は香港、3位はアメリカで、日本の総合順位は前年の17位から27位に急落した。

2010年競争力順位(カッコ内は左から08年→09年→2010年)

——————————————————————————
1位-シンガポール(2位→3位→1位)

2位-香港(3位→2位→2位)
3位-米国(1位→1位→3位)

4位-スイス(4位→4位→4位)

5位-オーストラリア(7位→7位→5位)
・・・
27位-日本(22位→17位→27位)
・・・
20位中国(17位→20位→18位)

  • 経営開発国際研究所【翻訳】(IMD:International Institute for Management Development)
  • IMD World Competitiveness Yearbook 2010
出典:IMD(The World Competitiveness Scoreboard 2010)

出典:IMD(The World Competitiveness Scoreboard 2010)

↑ページの先頭へ

ドイツ連邦金融監督庁、ユーロ圏の国債の空売り禁止規制

5月 20, 2010 · Posted in 全てのニュース, 海外株ニュース, 為替・債券ニュース, 金融政策ニュース · ドイツ連邦金融監督庁、ユーロ圏の国債の空売り禁止規制 はコメントを受け付けていません。 

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)は18日、国内でのユーロ圏の国の発行した国債の空売り禁止(ネイキド・ショート・セリング)、規制を19日より適用すると発表した。

また、同様にクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)、主要金融会社10社の空売り禁止も行う。

ネイキド・ショート・セリング(Naked short selling)とは現物株や現物国債を借りないで、空売りの取引を行うもので、ギリシャの信用不安から国債が急落する事態などをうけ、投機的な動きを避けるために規制するものと思われる。

規制対象の金融機関10社

以下リリース抜粋

2010/05/19-BaFin prohibits uncovered short-selling transactions and uncovered CDS in government bonds of euro zone

BaFin prohibits(禁止する uncovered short-selling(現物手当のない空売り) transactions and uncovered CDS in government bonds of euro zone(ユーロ圏の国債)
The Federal Financial Supervisory Authority (BaFin) on Tuesday temporarily prohibited uncovered short sales of debt securities of euro zone countries admitted on a domestic exchange to trading on the regulated market. It also temporarily prohibited credit default swaps (CDS) in which the reference liability is at least also a liability of a euro zone country and is not used to hedge default risks (uncovered CDS).

Moreover, BaFin prohibited uncovered short-selling transactions in the shares of the following companies(以下の会社) from the financial sector:(金融セクター)

* AAREAL BANK AG

* ALLIANZ SE(アリアンツ)

* COMMERZBANK AG(コメルツ銀行)

* DEUTSCHE BANK AG(ドイツ銀行)

* DEUTSCHE BORSE AG

* DEUTSCHE POSTBANK AG

* GENERALI Deutschland HOLDING AG

* HANNOVER RUCKVERSICHERUNG AG

* MLP AG

* MUNCHENER RUCKVERSICHERUNGS-GESELLSCHAFT AG

↑ページの先頭へ

ヘッジファンド英マンがGLGを買収

5月 18, 2010 · Posted in M&Aニュース, ファンドニュース, 全てのニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · ヘッジファンド英マンがGLGを買収 はコメントを受け付けていません。 

世界最大手のヘッジファンドの英マングループは同業のGLGパートナーズを買収すると発表した。

買収金額は16億ドル(約1478億円)。両社合計の運用資産残高は約630億ドル(約5兆8230億円)となる。

~リリースの抜粋~

The Acquisition values(買収価格) the fully diluted share capital of GLG at approximately
USD1.6 billion(16億ドル) and creates a diversified, world-leading alternative investment
manager with approximately USD63 billion(630億ドル) of funds under management

  • Acquisition of GLG Partners, Inc(”GLGパートナーズを買収”)
  • Press releaseicon_pdfマングループのリリース資料
  • Presentationicon_pdfマングループのプレゼンテーション資料

買収発表後17日のGLGの株価チャート(5日間)

glg-chart

出典;yahoo

それぞれの投資スタイル、リターングラフ

man-glg-investment

企業情報

  1. 世界最大級のイギリスのヘッジファンド。運用資産残高は391億ドル
  1. NYSEに上場。イギリスの独立系ヘッジファン ド。運用資産は237億ドル。

mangroup2log-glg

↑ページの先頭へ

備忘録2010年5月

5月 18, 2010 · Posted in マーケット予定と記録 · 備忘録2010年5月 はコメントを受け付けていません。 
日付 出来事
17日(月)
18日(火)
  • ・ユーロ圏16カ国財務相会合(ブリュッセル)
  • ・(異例の国債購入)・欧州中央銀行(ECB)10日から開始したユーロ圏での国債購入額が165億ユーロ(約1兆8000億円)に達した。
  • 世界最大手ヘッジファンドの英マン・グループは同業の英GLGを買収すると発表
  • ・ 中国鉄鋼大手の鞍山鋼鉄集団は、米製鉄会社のスチール・デベロップメントと提携
  • ・欧州自動車工業会(ACEA)4月の欧州新車販売台数(主要18カ国、乗用車)は前年同月比6%減の110万4900台
  • ・日本自動車販売協会連合会(自販連)4月の中古車登録台数(軽自動車除く)は前年同月比3.7%減の34万3176台
  • ・3月の対米証券投資統計(米財務省)は105億ドルの買い越し
  • ・太陽電池の出荷統計(太陽光発電協会)09年の国内出荷は発電能力ベースで62万キロワット、前年度の2.6倍
  • ・経済産業省、3月の第3次産業活動指数は95.5、前月比3%低下
  • ・東証、東証マザーズのエフオーアイ<6253>を6月19日で上場廃止

19日(水)
20日(木)
21日(金)
  • ・厚生労働省の国民生活基礎調査は2008年の世帯平均所得は547万5000円で前年比1.6%減
  • ・日本フランチャイズチェーン協会の4月全国コンビニエンスストア売上高は5877億円で前年同月比3.7%減
  • ・楽天は米国ネット通販サイトのバイ・ドット・コムを2億5000万ドルで買収すると発表
  • ・日銀の金融政策決定会合-新貸出金利制度-貸出金利は年0.1%、期間は1年
  • ・東証マザーズ上場のエフオーアイ(半導体製造装置メーカー)が破産手続き。負債総は約92億円
  • ・日本半導体製造装置協会(SEAJ)4月の半導体製造装置のBBレシオは1.07。3月比で0.1ポイント下落
22日(土)
  • ・内閣府の3月の景気動向指数(改定値)一致指数=前月比1.5ポイント上昇の101.5。先行指数=前月比4.2ポイント上昇の102.7
  • ・日本鉄鋼連盟の4月粗鋼生産量は前年同月比56.7%増の898万8000トン
23日(日)
  • ・アパレルメーカーのレナウン<3606>は中国繊維大手の山東如意集団の傘下に入る方向とメディアが報道
  • ・ベトナム政府は2010年の物価上昇率の目標値を前年比7%から8%に修正
24日(月)
25日(月)
  • ・5月の月例経済報告「着実に持ち直してきている」と景気の基調判断を2か月連続で据え置き
  • ・タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)は24日、2010年通年の実質国内総生産(GDP)の成長予測を、従来の3.5~4.5%に据え置くと表明
  • ・全米不動産協会(NAR)の4月の中古住宅販売件数は577万戸、前月比7.6%増加。
26日(火)
  • ・富士電機ホールディングスとCSKホールディングスが持ち株会社制度を廃止
  • ・4月末の液化石油ガス(LPG)の国内流通在庫(日本LPガス協会)は、8万8千トンで前月末比53.4%減
  • ・2010年4月のパソコン国内出荷台数(電子情報技術産業協会(JEITA))は、前年同月比21.0%増の88万4000台
  • ・4月の白物家電の国内出荷額(家庭用エアコンを除く)(日本電機工業会)は前年同月比7.1%増の1177億5千万円
  • ・英GDP(英政府統計局)は1~3月期の実質国内総生産(GDP)伸び率は前期比0.3%
  • ・3月のS&Pケース・シラー住宅価格指数-主要10都市平均で前年同月比3.1%上昇,主要20都市平均は2.3%上昇
  • 4月の企業向けサービス価格指数(日銀)は97.5、前年同月比1.1%低下
  • ・国際通貨基金(IMF)は中東・北アフリカ産油国の実質国内総生産(GDP)成長率が09年の1.5%から10年は4.3%に回復する見通しを発表
  • ・が5月の米消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は63.3と、前月改定値から5.6ポイント上昇
  • ・中外鉱業は発行可能株式総数を現行の5億2700万株から11億5890万株に拡大すると発表
  • ・09年度の東京地区法人タクシー売上高(1日1台)(東旅協)は前年度比11%減の4万1148円
27日(水)
  • ・労働者派遣事業報告(速報値)(厚生労働省)09年度の派遣労働者総数は230万人、前年度比42.4%減少
28日(木)
29日(金)
30日(土)

↑ページの先頭へ

メモ

  • ・英マン・グループ(Man Group)(LSE: EMG)-世界最大級のイギリスのヘッジファンド。運用資産残高は391億ドル
  • ・英GLGパートナーズ(GLG Partners)<NYSE: GLG>-NYSEに上場。独立系ヘッジファンド。運用資産は237億ドル。
  • レナウン<3606>yahoo-japan– 日本のアパレルメーカー
  • 山 東如意集団翻訳】-Shandong Ruyi Group-中国の繊維・紡績メーカー

↑ページの先頭へ

韓国サムスン電子、10年設備投資計画を2兆1000億円

5月 18, 2010 · Posted in 全てのニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · 韓国サムスン電子、10年設備投資計画を2兆1000億円 はコメントを受け付けていません。 

17日、韓国のサムスン電子は2010年の研究開発費を含む設備投資計画の総額が26兆ウォン(約2兆1148億円、1ウォン=約0.08円)と過去最大に増額すると発表した。

Samsung Raises 2010 Investment Plan to Record 26 Trillion Won
(サムスンは2010年の投資計画を26兆ウォンと過去最大に増額)

以下リリース内容(英語)【翻訳

Read more

アステラス製薬、米製薬へのTOBで合意

5月 18, 2010 · Posted in M&Aニュース, TOBニュース, 株式ニュース, 産業と企業 · アステラス製薬、米製薬へのTOBで合意 はコメントを受け付けていません。 

17日、アステラス製薬は、米製薬会社のCSIファーマシューティカルズへのTOB(株式公開買い付け)で合意したと発表した。買収額は約40億ドル(約3700億円)になる見込み

TOBは敵対的に実施されてきたが、TOB価格を1株あたり52ドルから57.5ドルと引き上げたことでCSIの取締役会で了承を得ることができた。

  • アステラス製薬-<4503>ホームページと株価
  • ・CSIファーマシューティカルズ-CSI Pharmaceuticals

↑ページの先頭へ

中国、国際収支を四半期で公表

5月 17, 2010 · Posted in 全てのニュース, 経済ニュース · 中国、国際収支を四半期で公表 はコメントを受け付けていません。 

中国国家外貨管理局は国際収支統計の公表を、いままでの半年ごとから四半期ごとに変更すると発表した。

↑ページの先頭へ

韓国保険最大手のサムスン生命が新規上場

5月 13, 2010 · Posted in IPOニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · 韓国保険最大手のサムスン生命が新規上場 はコメントを受け付けていません。 

韓国の保険最大手のサムスン生命は5月12日に韓国証券取引所に上場した。

12日はIPO価格を8.6%高く寄り付いたあと、一時9%高となり、終値は公募価格を3.6%上回る11万4000ウォンとなった。

時価総額では韓国で4位の22兆8000億ウォン。日本円換算では約1兆8500億円にもなり、日本でも今月4日に上場した第一生命(約1兆6000億円)を上回る規模となる。

↑ページの先頭へ

三井住友FG、今年11月にもNY市場に上場

5月 11, 2010 · Posted in IPOニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · 三井住友FG、今年11月にもNY市場に上場 はコメントを受け付けていません。 

NHKニュースなどによると三井住友フィナンシャルグループは、今年11月にもニューヨーク証券取引所に上場する方針と報じられた。

同社は三井住友銀行(SMBC)、三井住友カード、SMBCフレンド証券などを傘下にする持ち株会社。
現在、東証及び大証<8316>に上場しているほか、米国では店頭取引OTC(Over-the-counter trading)であるピンクシート (Pink Sheets)で<SMFJY.PK>取引されている。

同社が上場すれば三菱UFJ、みずほFGに続いて日本の3大銀行グループのニューヨーク市場上場が出そろうことになる。

↑ページの先頭へ

FXプライム、為替取引交流サイト「みんなの外為」を開始

5月 9, 2010 · Posted in FXニュース, キャンペーン情報, デリバティブニュース, ネット情報の活用, 全てのニュース, 為替・債券ニュース, 産業と企業, 金融サービス · FXプライム、為替取引交流サイト「みんなの外為」を開始 はコメントを受け付けていません。 
minna-fx1

(出典:みんなの外為)

伊藤忠商事グループのFXプライムとマスチューンはネットでの為替取引交流サイトの「みんなの外為(みんため)」を立ち上げた。

月間200万人以上が利用する人気サイト「みんなの株式」と連携し、経済指標と為替の動きやリアルタイムの為替チャート、個人投資家の予想などをコンテンツにて提供する。

主な提供コンテンツ

  • ・通貨ペアチャート
  • ・経済指標-本日の経済指標や前回為替の変動が大きかったベスト5等
  • ・ランキング-予想投票数ランキング、みんなの気持ちランキング等

伊藤忠グループのFXプライム

↑ページの先頭へ

東工取、軽油先物6日再上場

5月 9, 2010 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 東工取、軽油先物6日再上場 はコメントを受け付けていません。 

東京工業品取引所は、休止中であった軽油先物取引を6日再上場させた。

同取引所の軽油先物取引は2003年9月に上場し、2006年2月の立会休止以来、約4年ぶりの再開。

↑ページの先頭へ

誤発注か?ニューヨーク株、異常な急落、一部取り消しも

5月 7, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 株価材料, 株式ニュース, 海外株ニュース · 誤発注か?ニューヨーク株、異常な急落、一部取り消しも はコメントを受け付けていません。 

6日のニューヨーク株式市場ではわずか数10分でで600ドル以上も急落する場面があった。
この日はギリシャの信用不安からの欧州への波及懸念から売りが殺到。前日に引き続き続落となっていたが、午後2時30分前後からは異常な急落の後に急速に下げ幅を縮小。関係者からは誤発注を引き金として電子取引システムの連鎖売り注文が広がったとの見方が有力となっている。

↑ページの先頭へ

JQ上場、不動産投資のコマーシャル・アールイーが民事再生法の申請

5月 6, 2010 · Posted in REITニュース, 不動産とその他資産, 全てのニュース, 株式ニュース, 産業と企業 · JQ上場、不動産投資のコマーシャル・アールイーが民事再生法の申請 はコメントを受け付けていません。 

不動産資産管理(プロパティマネジメント事業)でジャスダックに上場しているコマーシャル・アールイーは、6日民事再生法の適用を申請した。負債総額は150億円。

  1. 8866CRE-ヤフーファイナンスの株価チャート
  2. 株価(8866.Q) (ロイター-個別銘柄情報・チャート)

↑ページの先頭へ

米ユナイテッド航空と米コンチネンタル航空が合併、世界首位に

5月 3, 2010 · Posted in M&Aニュース, 全てのニュース, 株式ニュース, 海外株ニュース, 産業と企業 · 米ユナイテッド航空と米コンチネンタル航空が合併、世界首位に はコメントを受け付けていません。 

航空業界世界3位の米ユナイテッド航空を運営するUALと、世界4位の米コンチネンタル航空は合併で合意したと発表。

合併は株式交換方式を採用し、コンチネンタル株1株につき、UAL株1.05株を割り当てる。新会社名は「ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス」、運航は「ユナイテッド航空」に表記を統一する。

東穀取、来年1月よりTOCOMシステムを利用

4月 29, 2010 · Posted in デリバティブニュース, 全てのニュース, 取引所ニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース · 東穀取、来年1月よりTOCOMシステムを利用 はコメントを受け付けていません。 

東京工業品取引所は2011年1月4日(大発会)より東京穀物商品取引所との共同利用すると発表した。システムはNASDAQ OMX社製ソフトを利用した東工取の既存システムで、清算システムや市場監視システムを共同利用する。東穀取は板寄せ方式から、自由に取引ができるザラバ方式に移行し、高速処理で売買の活性化が期待できる。

  1. 東京穀物商品取引所が東京工業品取引所システムの利用を開始

以下リリース抜粋

株式会社東京工業品取引所は、東京穀物商品取引所(以下「東穀取」)が当社システムの利用を開始する時期は2011年1月4日(大発会日)を目途とすると決定したことを発表いたします。この「システム」とは、NASDAQ OMX社製ソフトによる取引・清算システムや市場監視システム(SMARTS)を指します。今後、契約の締結に向け、当社と東穀取は諸条件の調整を行う予定です。

当社は昨年5月、NASDAQ OMX社製のパッケージソフトを国内取引所で初めて導入し、注文のレスポンス時間は10ミリ秒(100分の1秒)以内を実現し、サーキット・ブレーカー制度に対応するなど、世界最高水準の性能と国際標準の取引機能を備えたシステムを構築しました。

東穀取が当社システムを利用することにより、東穀取の市場参加者はこのような取引環境を享受することができる他、両取引所に加入している取引参加者は、取引ルールやシステムの仕様が統一されることによって、コストが削減できると期待されています。

当社は、東穀取が当社システムの利用を予定通り開始できるよう協力していきます。

↑ページの先頭へ

商品取引のアサヒトラスト、岡安商事に事業譲渡

4月 29, 2010 · Posted in M&Aニュース, デリバティブニュース, 全てのニュース, 商品ニュース, 商品先物ニュース, 産業と企業, 金融サービス · 商品取引のアサヒトラスト、岡安商事に事業譲渡 はコメントを受け付けていません。 

ヤマタネグループは商品先物会社のアサヒトラストを同業の岡安商事に事業譲渡すると発表した。

  1. 吸収分割及び事業譲渡に関するお知らせ[PDF](アサヒトラスト)
  1. 連結子会社の吸収分割及び事業譲渡に関するお知らせ[PDF]
  1. 商品取引受託業務の吸収分割に関するお知らせ[PDF]

↑ページの先頭へ

東証、上場企業の株主総会の招集通知を6月から公開

4月 24, 2010 · Posted in 全てのニュース, 取引所ニュース, 株主優待・配当ニュース, 株式ニュース, 産業と企業 · 東証、上場企業の株主総会の招集通知を6月から公開 はコメントを受け付けていません。 

東京証券取引所などの証券取引所は3月期の決算企業から株主総会の招集通知をホームページ上で公開する。

上場企業の株主総会の議決権の行使結果においては、金融庁が2010年3月期から公表するように義務付けており、今後は株主総会の透明性が高まる期待がある。

3月期決算の企業においては、株主総会が6月下旬に開催し、その2週間前までに招集通知を発送している。今後、取引所は株主の発送前に届けるように義務付けて、ホームページ上で公開することになる。

« 前ページへ次ページへ »