所在不明株主の株式売却

所在不明株主の株式売却

株主名簿の登録先に書類を送付しても届かない状態が5年以上続き、配当も受け取っていない株主の保有する株式を企業が売却することができる。企業は3ヶ月間ホームページなどで公示した後に時価で現金に換え、信託銀行などの口座に預託する。株の所有者は株主の権利を失うが10年以内に名乗り出れば現金を受け取れる。10年を越えた場合は雑所得として企業が計上できる。

株券を保有していた株主は電子化に対応して株券を証券保管振替機構(ほふり)に預託する必要があるが、所在不明の株主に対しては企業が信託銀行などに特別口座を開設して保管しなくてはならない。しかし、1口座あたり年1000円程度経費が掛かることで管理コストが掛かってしまっている。今後も所在不明株主の精算が進むと見られる。

↑ページの先頭へ

清水建設の例

2010年2月10日-所在不明株主の株式売却に関するお知らせ icon_pdf

~リリースの抜粋~

上場会社名清水建設株式会社
代表者名取締役社長 宮本 洋一
上場取引所東証・大証・名証各第1 部
コード番号1803
問合せ先広報部長 岩 﨑 浩
TEL 03-5441-1111(大代表)

所在不明株主の株式売却に関するお知らせ

当社は,株式事務の合理化を図るため,下記のとおり対応することを決定いたしましたので,お知らせいたします。

1.所在不明株主の株式の売却
当社は,本日の取締役会決議により,会社法第197条第1項に規定する株式(所在不明株主の株式)の売却を決定しました。対象となる株主様及びその株式数等につきましては,会社法第198条の規定に基づき本日付で公告いたしますので,当社ウェブサイト(http://www.shimz.co.jp)をご覧ください。
※ 所在不明株主とは,株主名簿に記載された住所又は通知先に宛てて発した通知又は催告が継続して5年間到着しておらず,かつ,当該期間に剰余金の配当を受領していない株主をいいます。
2.今後のスケジュール
平成22年2月10日 所在不明株主の株式売却に関する公告及び催告
平成22年5月12日 所在不明株主からの異議申述期限
平成22年5月13日以降 所在不明株主の株式売却
※ 所在不明株主の株式売却につきましては,会社法第197条第3項及び第4項の規定に基づき,
当社が自己株式として買取ることを予定しております。
3.連 絡 先
公告掲載株主様からの本件に関するお問い合わせは,以下の株主名簿管理人までご連絡ください。
株主名簿管理人 三菱UFJ 信託銀行株式会社
(連 絡 先) 〒137-8081 東京都江東区東砂七丁目10番11号
三菱UFJ 信託銀行株式会社 証券代行部
電話 0120-232-711(通話料無料)

以 上

↑ページの先頭へ