大商い10銘柄占有率(先導株比率)

売買高上位10銘柄の市場全体に対する集中度合いを測る指標。
概ね15%~30%で推移されますが、数値が高いと特定の銘柄が物色されて相場の柱となっていることを示します。一般に上位10社で30%を超えるようであればマーケットの行きすぎの目処となります。
反対に20%以下の場合は主導する柱となる銘柄が不在の焦点ボケ相場とされ、主導銘柄の不在で相場が低迷していることが多い。

大商い10銘柄占有率(先導株比率)

情報: 大商い10銘柄占有率(先導株比率)
データ名:

↑ページの先頭へ

チャートが見れるサイト

大商い占有率(ゴールデンチャート)
長期から短期などのチャートのカスタマイズが出来る。

アセットアライブ株式情報 先導株比率
先導株比率のグラフと数値の一覧を見ることが出来ます。

↑ページの先頭へ

新聞で情報を調べる

日経新聞朝刊
マーケット総合1欄に掲載されています。
日経新聞は株式をはじめ経済の統計が非常に充実していますのでお薦めです。

↑ページの先頭へ