大量保有報告(5%ルール)

上場企業の株式を5%を超えて取得した場合には、その日より5営業日以内に内閣総理大臣に大量保有報告書を提出しなくてはなりません。「5%ルール」とも呼ばれ、ファンドなどの大口投資家の個別銘柄の売買手口を見ることができ、また、M&A(企業の買収)などの思惑も呼ぶので注目される情報となります。

5%を超える大量保有者がその後1%以上の増減をした場合にも、「変更報告書」を提出することが必要になります。これらの開示情報は「EDINET」にてインターネットで閲覧することが可能です。

大量保有報告書はここでチェック

情報:大量保有報告(5%ルール)
データ名:大量保有報告書、変更報告書、訂正報告書など3種類
システム:EDINET(Electronic Disclosure for Investors’ NETwork)
公表:金融庁
リリース:http://info.edinet-fsa.go.jp/

出典:EDINET

出典:EDINET

大量保有報告書の銘柄リストのサイト

大量保有報告書データベース(ST-PEDIA)-大量保有報告書のリストと項目別になった検索機能


大量保有報告書 データベース(考える株式投資)-EDINETに提出の大量保有報告書リスト


大量保有報告書(株主プロ)-上場企業約4200社の株主を調査・検証するウェブサイト


大量保有報告書速報-5%ルールに基づく有力ファンドの提出状況を中心