特設注意市場銘柄

特設注意市場銘柄は虚偽記載を行うなどして上場廃止のおそれが生じたものの、審査結果、影響が重大とはいえないと認められ上場廃止に至らない場合で、かつ、内部管理体制等について改善の必要性が高い認められる時に指定するものです。
特 設注意市場銘柄へ指定された場合、指定から1年を経過するごとに、内部管理体制の状況等について記載した内部管理体制確認書を提出することとなります。な お、提出された内部管理体制確認書に基づき、内部管理体制等に問題があると認められない場合には、特設注意市場銘柄の指定が解除されます。
しかし、内部管理体制確認書の提出を3回行っても、取引所が「問題あり」と判断した場合には上場廃止となってしまいます。
従って監理ポストよりは上場廃止リスクは低いといえますが、特設注意市場銘柄も上場廃止リスクがある以上注意は必要になります。

証券取引所の公表

東証 特設注意市場銘柄指定状況 – 指定銘柄の一覧と指定理由

その他関連サイト

ジョインベスト証券 特設注意市場銘柄 – 指定銘柄の一覧