ネットキャッシュ・時価総額比率

ネットキャッシュ(負債を引いた実質的な手元資金)の時価総額に対する比率。

(資産-有利子負債)/時価総額

現預金と短期保有の有価証券の合計から、有利子負債を差し引いたものをネットキャッシュとして分析する方法がある。時価総額は理論的には企業が将来稼ぐキャッシュフロー(現金収支)を現在価値に割り戻した額に、ネットキャッシュを足した金額と等しくなる。時価総額比率が50%の企業は、事業の収益力への評価が残りの5割しかないことを示す。