自己資本比率

企業の財務体質の健全さを示す指標で、総資産に対する自己資本の割り合いをはかる。比率が高いほど経営の安全性が高いとされる。