東証1部の売買高

東証1部の売買高

20億株を活況の目安とされる。

売買高は株券等が売買された数量のこと。東証では、成立した取引の売り・買いを一つの取引とした、いわゆる片道数量で表しています(例えば、売り 1,000株、買い1,000株で売買取引が成立した場合の売買高は1,000株となります。)。一般的に、「出来高」と「売買高」は同じ意味で使われま す。全体集計(市場第一部合計など)を行う際には、各銘柄の売買単位の違いなどを考慮せず、単純に合計しています。