2012年世界都市の総合力ランキングを発表(森記念財団都市戦略研究所)

森記念財団都市戦略研究所(所長は竹中平蔵慶大教授)は2012年度の世界の都市総合力ランキングを発表した。
一位はイギリスのロンドンで東京は昨年同様に4位であった。

世界順位()は前年 都市
1(2) ロンドン London
2(1) ニューヨーク New York
3(3) パリ Paris
4(4) 東京 Tokyo
5(5) シンガポール Singapore
6(7) ソウル Seoul
7(9) アムステルダム Amsterdam
8(6) ベルリン Berlin
9(8) 香港 Hong Kong
10(12) ウイーン Vienna
11(18) 北京 Beijing
12(10) フランクフルト Frankfurt
13() バルセロナ Barcelona
14(23) 上海 Shanghai
15(11) シドニー Sydney
16() ストックホルム Stockholm
17(15) 大阪 Osaka
18(14) チューリッヒ Zurich
19(24) ブリュッセル Brussels
20(19) コペンハーゲン Copenhagen
21(25) トロント Toronto
22(20) マドリード Madrid
23(13) ロサンゼルス市 Los Angeles
24(22) バンクーバー Vancouver
25() イスタンブール Istanbul
26(17) ジュネーブ Geneva
27(16) ボストン Boston
28(26) シカゴ Chicago
29(27) ミラノ Milan
30() ワシントンD.C. Washington, D.C.
31(21) サンフランシスコ San Francisco
32(29) 台北 Taipei
33(28) 福岡 Fukuoka
34(31) クアラルンプール Kuala Lumpur
35(30) バンコク Bangkok
36() メキシコシティ Mexico City
37(33) モスクワ Moscow
38(32) サンパウロ Sao Paulo
39(34) ムンバイ Mumbai
40(35) カイロ Cairo

 

 

 

 

· 未分類 ·  

2010年世界競争力年鑑、日本17位に上昇。

スイスのビジネススクールの経営開発国際研究所(IMD:International Institute for Management Development)が公表した2010年世界競争力年鑑が公表された。1位はシンガポール、2位は香港、3位はアメリカで、日本の総合順位は前年の17位から27位に急落した。

2010年競争力順位(カッコ内は左から08年→09年→2010年)

——————————————————————————
1位-シンガポール(2位→3位→1位)

2位-香港(3位→2位→2位)
3位-米国(1位→1位→3位)

4位-スイス(4位→4位→4位)

5位-オーストラリア(7位→7位→5位)
・・・
27位-日本(22位→17位→27位)
・・・
20位中国(17位→20位→18位)

  • 経営開発国際研究所【翻訳】(IMD:International Institute for Management Development)
  • IMD World Competitiveness Yearbook 2010
出典:IMD(The World Competitiveness Scoreboard 2010)

出典:IMD(The World Competitiveness Scoreboard 2010)

↑ページの先頭へ

2009年世界競争力年間、日本17位に上昇。スイスIMD

スイスのビジネススクールの経営開発国際研究所(IMD:International Institute for Management Development)が公表した2009年世界競争力年間で日本の総合順位が前年の22位から17位にランクアップした。

2009年競争力順位(カッコ内は前年順位)

1位-米国(1位)
2位-香港(3位)
3位-シンガポール(2位)
4位-スイス(4位)
5位-デンマーク(6位)
・・・
17位-日本(22位)
・・・
20位中国(17位)

IMD World Competitiveness Yearbook (PDF)-2009年の世界競争力年間

imd-090602.gif

経営開発国際研究所(IMD:International Institute for Management Development)

世界競争力年鑑(IMD)

スイスのビジネススクールの経営開発国際研究所(IMD)が毎年公表している「世界競争力年鑑」。世界の主要国・地域の経済状況、政府の効率性、ビジネスの効率性、社会基盤の4つの分野で、300項目程度の統計などで分析し順位を発表している。

世界競争力年鑑

情報: 世界競争力年鑑
データ名: IMD World Competitiveness Yearbook rankings
公表: 経営開発国際研究所(IMD:International Institute for Management Development)
予定: 年次、翌年の5月下旬
リリース: http://www.imd.ch/news/index-search.cfm翻訳

↑ページの先頭へ

· ·