ADB予測、アジア太平洋地域10年成長率8.6%

アジア開発銀行(ADB)は12月7日、アジア、太平洋地域(日本などを除く)45か国・地域の2010年の実質国内総生産(GDP)は8.6%の成長率との予測を発表した。

ADB’s Asia Economic Monitor

7 December 2010
Emerging East Asia’s Strong Recovery Suggests It Is Time to Look at Currency Cooperation – ADB Report

HONG KONG, CHINA – Governments and monetary authorities in emerging East Asia need to cooperate more on exchange rates and other policies to turn the swift post-crisis recovery into more balanced, long-term growth.

“Regional exchange rate cooperation – if handled wisely – can ensure intra-regional exchange rate stability while allowing inter-regional flexibility; thus helping promote intra-regional trade and investment, and rebalance the region’s sources of growth,” said the special section of the latest edition of ADB’s Asia Economic Monitor released today.

Emerging East Asia’s large, long-standing trade surpluses against developed economies’ increasing debt have raised tensions culminating in calls for emerging East Asia to allow its currencies to appreciate to match its growing economic strength. Asia’s swift recovery from the recent global crisis is also drawing foreign investment to the region. Managing capital inflows to prevent asset price bubbles has also become a concern.

“Rapidly growing interdependence in trade and finance and the increasing importance of spillovers and contagion effects within the region make regional exchange rate cooperation essential,” said Iwan Azis, Head of ADB’s Office of Regional Economic Integration that prepared the report. “At the same time, regional currency flexibility against major currencies outside the region would help emerging East Asia better manage capital flows and respond to external shocks.”

The Asia Economic Monitor suggests the best way forward would be for East Asian economies to adopt informal monitoring zones for their exchange rates against an external reference currency or a basket of currencies. Any big shift outside those non-binding zones would prompt confidential discussions to reduce deviations. Over time these arrangements could become more formal.

The report assesses the outlook for emerging East Asia, which comprises the 10 economies of the Association of Southeast Asian Nations, plus the People’s Republic of China (PRC); Hong Kong, China; Republic of Korea; and Taipei,China.

The report notes that the weaker outlook for the global economy coupled with the phasing out of fiscal and monetary stimulus within the region means economic growth in the region should moderate next year.

Average growth in emerging East Asia is likely to be 7.3% in 2011 after growing 8.8% in 2010. In its Asian Development Outlook 2010 Update, published in September, ADB had predicted growth of 8.4% for the region this year after a 5.2% expansion in 2009. The 2010 upgrade was in large part due to the faster-than-expected growth in the PRC which ADB now sees at 10.1% this year. That is higher than its previous forecast of 9.6% in September. ADB still expects the PRC economy to expand 9.1% in 2011.

In a separate special note reassessing the overall performance of developing Asia – that is, 45 developing economies of Central Asia, East Asia, South Asia, Southeast Asia and the Pacific – ADB upgraded its 2010 forecast to 8.6% from the 8.2% it forecast in September. The 2011 forecast for developing Asia is still 7.3%.

Growth in Central Asia is now forecast at 5.9% this year, against a previous forecast of 5.1%. ADB still expects the economies of South Asia to expand 7.8% in 2010, with the Indian economy set to grow 8.5%. Southeast Asia will grow 7.5% in 2010, up from the 7.4% forecast in September. The forecast for the economies of the Pacific remains the same at 4.3% in 2010.

The V-shaped recovery has run its course in emerging East Asia and the challenge for the region is to put in place national policies that will translate swift recovery into long-term growth,” said Mr. Azis.

Risks to the outlook for the region are also higher than they were six months ago. Policy challenges stem from the relatively weak recovery in advanced economies, potentially destabilizing capital inflows, inflation and asset price bubbles in some countries, and protectionism.

アジア開発銀行(ADB、Asian Development Bank)本部マニラ

実質GDPは前期比年率12.7%減、3四半期連続のマイナス

2008年10-12月期、実質GDPは前期比年率12.7%減、3四半期連続のマイナス

四半期別GDP速報(QE)の結果についてのコメント(日本経済研究センター)

08年10-12月期のユーロ圏の域内総生産(GDP)は1.5%減

欧州連合(EU)統計局は2月13日、ユーロ圏15カ国の2008年10月-12月の域内総生産(GDP)が前期に比べて実質ベースで1.5%減になったと発表。英国などを含めた27カ国ベースでも1.5%減。1999年の通貨統合後で最大の減少幅となった。

リリース内容

Flash Estimate EU and euro area GDP Q4/2008 (Eurostat )-ユーロスタットの統計データリリース

次回の(09年Q1)09年5月19日発表予定(公表予定

090214-eurostat

英国GDP (国内総生産)

英国GDP (国内総生産)

情報: イギリスのGDP (国内総生産)
データ名: UK Gross Domestic Product
公表: イギリス国家統計局(ONS)Office for National Statistics
予定: 四半期,8時30分(英)
リリース: http://www.statistics.gov.uk/StatBase/Product.asp?vlnk=1944翻訳http://www.statistics.gov.uk/cci/nugget.asp?id=192翻訳】グラフ

↑ページの先頭へ

関連サイトの情報

(チャート)

sankaku 英GDP四半期値前年同期比と為替チャート icon_pdf波動展望の部屋)-北辰物産の運営


sankaku 英GDP(前期比年率)チャート(セントラル短資FX)-経済指標の推移と過去の動向


(指標データ)

sankaku 英国-GDP(国内総生産)(外為どっとコム)各国経済指標データ 2009年英国

(その他)

sankaku Gross Domestic Product (GDP) – UK翻訳】(FX・words)-用語の解説

↑ページの先頭へ

· ·  

ドイツGDP国内総生産(独連邦統計局)*

ドイツGDP国内総生産

情報: ドイツGDP (国内総生産)2000年=100
データ名: National accounts
公表: ドイツ連邦統計局 Statistisches Bundesamt Deutschland
ドイツ中央銀行(ブンデスバンク)Deutsche Bundesbank
予定: 四半期、9時30分? 日本時間15時発表
リリース: (ドイツ中央銀行)
http://www.bundesbank.de/statistik/statistik_konjunktur.en.php#k1翻訳】グラフ
(ドイツ連邦統計局)
http://www.destatis.de/jetspeed/portal/cms/Sites/destatis/翻訳】グラフ

↑ページの先頭へ

(ドイツ連邦統計局HP)Indicators> Short-term indicators> Gross domestic product
(ドイツ中央銀行HP)Statistics> Business statistics> Retail turnover

関連サイトの情報

(チャート)

sankaku GDP伸び率の推移と為チャート icon_pdf波動展望の部屋)-北辰物産の運営

(指標データ)

sankaku GDP(外為どっとコム)各国経済指標データ 2009年英国

(その他)

↑ページの先頭へ

メモ

GDP予測

国内経済成長(GDP)率見通し-? ドイツ6大経済研究所

DIW(ドイツ経済研究所)
HWWA(ハンブルグ世界経済研究所)
ドイツIFO経済研究所
IfW(キール世界経済研究所)
ハレ経済研究所(IWH)(ベルリン経済研究所)
ドイツRWI経済研究所(ライン・ウェストファーレン経済研究所)

· ·  

ユーロ圏GDP (域内総生産)*

ユーロ圏GDP (域内総生産)

情報: ユーロ圏のGDP (域内総生産)
データ名: Gross Domestic Product
公表: 欧州委員会統計局-ユーロスタット (Eurostat)
予定: 四半期,9時00分(公表予定
リリース: http://epp.eurostat.ec.europa.eu/翻訳

http://epp.eurostat.ec.europa.eu/tgm/table.do?tab=table&init=1&plugin=1&language=en&pcode=tsieb020翻訳】テーブル・グラフ

↑ページの先頭へ

公表データを見てみよう

Refer Euro-Indicators > National Accounts > Gross Domestic Product

Economy and finance(eurostat)

090214gdp-ea152

↑ページの先頭へ

関連情報サイト

(チャート)

(データ)

↑ページの先頭へ

加盟国

ユーロ圏(EA15)とは、ベルギー、ドイツ、アイルランド、ギリシャ、スペイン、フランス、イタリア、キプロス、ルクセンブルグ、マルタ、オラン ダ、オーストリア、ポルトガル、スロヴェニア、フィンランドの15カ国。

EU27カ国とは、 ベルギー(BE)、ブルガリア(BG)、チェコ(CZ)、デンマーク(DK)、ドイツ(DE)、エストニア(EE)、アイルランド(IE)、ギリ シャ(EL)、スペイン(ES)、フランス(FR)、イタリア(IT)、キプロス(CY)、ラトビア(LV)、リトアニア(LT)、ルクセンブルグ (LU)、ハンガリー(HU)、マルタ(MT)、オランダ(NL)、オーストリア(AT)、ポーランド(PL)、ポルトガル(PT)、ルーマニア (RO)、スロヴェニア(SI)、スロヴァキア(SK)、フィンランド(FI)、スウェーデン(SE)、英国(UK)の27カ国。

↑ページの先頭へ

· ·  

GDP速報(QE)予測

エコノミスト予測

みずほ総合研究所-GDP速報(QE)予測-四半期別GDP速報(QE)、改定値(2次QE)予測(年8回)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング-GDP速報(QE)予測[PDF]- マクロ経済調査 > レポート(調査部)

· ·  

世界経済見通し(IMF)*

情報: 世界経済見通し
データ名: World Economic Outlook
公表: 国際通貨基金(IMF:International Monetary Fund)
予定:
リリース: http://www.imf.org/external/index.htm

http://www.imf.org/external/japanese/index.htm

↑ページの先頭へ

公表データを見てみよう

http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2011/update/01/pdf/0111.pdf

imf-world-eco1

gdp-growth110125

↑ページの先頭へ

· ·  

世界の実質成長率予測(UNCTAD)*

世界の実質成長率(国連貿易開発会議)

情報: 世界経済状況と見通し―世界の実質成長率の予測
データ名: World Economic Situation and Prospects
公表: 国連貿易開発会議(UNCTAD(アンクタッド):United Nations Conference on Trade and Development)
予定:
リリース: http://www.unctad.org/翻訳

公表データを見てみよう

World Economic Situation and ProspectsのPDFレポートを見る。

World Economic Situation and Prospects 2011

The global recovery has been dragged down by the developed economies
World gross product (WGP) is forecast to expand by 3.1 per cent in 2011 and 3.5 per cent
in 2012.(界の実質成長率は2011年は3.1%に減速すると予測

The recovery may, however, suffer setbacks and slow to below 2 per cent, while
some developed economies may slip back into recession if several of the downside risks
take shape.
Among the developed economies, the United States of America has been on
the mend from its longest and deepest recession since the Second World War, but has
nonetheless been experiencing the weakest recovery pace in history. Although the level of
gross domestic product (GDP) will return to its pre-crisis peak by 2011, a full recovery
of employment will take at least another four years. Growth in many European countries
will also remain low; drained by drastic fiscal cuts, some may continue to be in recession.
Growth in Japan will also decelerate notably.

gdp-un-yosou1

(国・地域別)
gdp-unctad

↑ページの先頭へ

· ·  

ブラジルGDP(国内総生産)*

ブラジルGDP(国内総生産)

情報: ブラジルGDP(国内総生産)
データ名: GDP-Quarterly National Accounts
公表: ブラジル地理統計院(IBGE)Instituto Brasileiro de Geografia e Estatistica
予定: 四半期。4~6月期=9月初旬
リリース: http://www.ibge.gov.br/english/presidencia/翻訳

↑ページの先頭へ

brz-gdp-100909

↑ページの先頭へ

↑ページの先頭へ

· ·  

オーストラリア国内総生産(GDP)*

統計 :オーストラリア国内総生産(GDP)
英名 :
公表 :オーストラリア統計局
リリース :

· ·  

FRB米経済見通し

米連邦準備理事会(FRB)が四半期ごとに公表している米経済見通し。3年間と長期の見通しを公表している。

指標 : 実質経済成長率見通し、失業率見通し、総合物価上昇率見通し、コア物価上昇率見通し
データ名 : 連邦公開市場委員会(FOMC)議事録
公表 : 米連邦準備理事会(FRB)
公表予定 : 四半期
リリース : http://www.federalreserve.gov/newsevents/default.htm

公表データを見てみよう

”News & Events”のニュースリリースを開きます。
http://www.federalreserve.gov/newsevents/default.htm
連邦公開市場委員会(FOMC)” Minutes of the Federal Open Market Committee “の議事録リポートの中の経済予測の概況” Summary of Economic Projection “に予測の中央値がパーセンテージ(%)で公表されています。

実質経済成長率、失業率、総合物価上昇率、エネルギーと食品を除いたコア物価上昇率の前回予測(カッコの中の数値)と今回の予測値を比較してみてください。

3年間の予想の推移と5~6年間の長期予測”Longer Run”もチェックしてみよう。

090223frb-yosoku

· ·  

スペイン国内総生産(GDP)*

スペインの国内総生産(GDP)。スペイン国立統計研究所が公表している。

統計 : スペイン国内総生産(GDP)
公表 : スペイン国立統計研究所
公表予定 : 四半期ごと

http://www.ine.es/jaxi/menu.do?type=pcaxis&path=%2Ft35%2Fp009&file=inebase&L=1

公表データを見てみよう

National Accounts 」の”Press release ”をクリック。前期比の増減などをチェックする。

090221spanish-gdp

· ·  

ESPフォーキャスト調査(経済企画協会)*

内閣府の外郭団体である経済企画協会が「ESPフォーキャスト調査」として民間エコノミストの予測を集計して公表している。

公表の内容としてはGDP実質成長率や消費者物価指数、景気転換点などがあります。実際の数値の乖離(ギャップ)などがあれば市場も動くことがあるので、重要指標の発表直前に予測数値のコンセンサスを確認すると良いでしょう。

最新調査結果-ESPフォーキャスト調査(経済企画協会)

· ·  

国内総生産(GDP)

日本の国内総生産(GDP)
GDP(Gross Domestic Product)

予測

GDP速報(QE)予測

· ·  

需給ギャップ(内閣府)*

経済の供給力と現実の需要との間の乖離

需給ギャップは実際のGDPと民間企業が持つ設備や労働力を平均的に使って生み出せる潜在GDPとの差を示す。需給ギャップがマイナスになると需要不足・供給過剰で物価が下がりやすくなる。企業にとっては労働力や生産設備が過剰となりリストラや設備投資の減退につながる。

需給ギャップ(内閣府)

情報: 需給ギャップ(GDPギャップ)
データ名: 今週の指標-需給ギャップ(Gap of Supply and Demand)
公表: 内閣府
予定: 四半期ごと(例:10~12月は3月1日に公表)
リリース: http://www.cao.go.jp/news.html

↑ページの先頭へ

公表データを見てみよう

公表データは「今週の指標」の中のリポートなどで公表される。

gdp-gap1

↑ページの先頭へ

· ·  

香港の域内総生産(GDP)*

香港の域内総生産(GDP)

情報: 香港の実質域内総生産(GDP)成長率
データ名: 本地生?總? (百萬港元)
公表: 香港政府
予定: 四半期(例:10~12月期は2月25日頃)
リリース: http://www.censtatd.gov.hk/hong_kong_statistics/key_economic_and_social_indicators/index_tc.jsp 【翻訳】

↑ページの先頭へ

公表データを見てみよう

hongkonggdp100225

↑ページの先頭へ

· ·  

台湾の実質GDP成長率*

台湾の域内国内総生産(GDP)

情報: 台湾の域内国内総生産(GDP) 実質GDP成長率
データ名: Gross Domestic Product
公表: 台湾行政院主計処(Executive Yuan)
予定: 四半期 (10~12月期は2/20頃)
リリース: http://www.dgbas.gov.tw/翻訳

http://eng.dgbas.gov.tw/mp.asp?mp=2(英語ページ)

↑ページの先頭へ

公表データを見てみよう

ページ中段の最新指標の「経済成長率」を開いて、詳細資料をクリック。

taiwan-gdp01

ページ後半に掲載されている重要経済指標表

taiwan-gdp02

↑ページの先頭へ

· ·  

タイの国内総生産(GDP)*

タイ国内総生産(GDP)

情報: タイの国内総生産(GDP) 実質GDP成長率
データ名: Quarterly Gross Domestic Product (QGDP)
公表: タイ国家経済社会開発委員会(NESDB:National Economic and Social Development Board)
予定: 四半期 (10~12月期は2/20頃)
リリース: http://www.nesdb.go.th/Default.aspx?tabid=95

↑ページの先頭へ

公表データを見てみよう

トップページの中央のQGDPをクリックするとGDPページ「Quarterly Gross Domestic Product」が開く。最新の「Gross Domestic Product」を開くと下記のリリースレポートがでます。

tai-gdp02

Gross Domestic Product : Q4/2009

gdp-tai001

↑ページの先頭へ

· ·  

世界の潜在競争力ランキング(日本経済研究センター)*

世界の潜在競争力

日本経済研究センターが作成する50カ国・地域を対象にした潜在競争力ランキング。潜在競争力とは今後10年間でどれだけ一人当たりの国内総生産(GDP)を増加させる可能性があるかを測った指数。IT(情報技術)など8つの側面から評価する。リポートは会員でなければ見れないが見出しは見ることが出来る。
09年は1位は香港、2位シンガポール、3位米国。日本は昨年より2ランク下がり14位であった。

50カ国・地域の潜在競争力ランキング

情報: 50カ国・地域の潜在競争力ランキング
データ名: 世界50カ国・地域潜在力調査
公表: 日本経済研究センター
予定: 年次
リリース: http://www.jcer.or.jp/research/world/

↑ページの先頭へ

· ·  

次ページへ »